リツイートしただけで誹謗中傷・名誉棄損?例の判例を読んでみました

法律知識一般

こんにちは。司法書士の甲斐です。

以前、こんなニュースが流れて、Twitter界隈がざわつきましたね。

結局のところ、最高裁への上告は断念されたようで、高裁判決が確定しています。

「リツイートするだけで名誉棄損に該当するなんてあり得ない。リツイートは賛同の趣旨で行うだけのものではない。」と様々な人がこの判例に関して批判をしている状況です。

このような判例が出てしまった以上、リツイートを行う場合は注意する必要がありますが、ではどのような場合に名誉棄損になってしまうのか?と言う点ですが、判決文を読み込んでみないと具体的な事は分かりません。

その為、今回はリツイートによって名誉棄損になってしまう場合について、判決文から分析をしてみたいと思います。

1.事件の概要

Twitterで他人の投稿を転載する「リツイート」で名誉を傷つけられたとして、橋下徹氏が某ジャーナリストに対して損害賠償を求めた民事訴訟です。

ジャーナリストは2017年10月、府知事時代の橋下氏が幹部職員を自殺に追い込んだなどとする第三者の投稿をリツイートしましたが、それが名誉棄損に該当し、リツイートした本人も損害を賠償する責任を負う、と言う判断が地裁、高裁共になされました。

判決文に記載されている、問題となった元ツイートは下記のとおりです。

「Jが30代でA知事になったとき,20歳以上年上のAの幹部たちに随分と生意気な口をきき,自殺にまで追い込んだことを忘れたのか!恥を知れ!」

(この「J」と言うのが、恐らく橋本氏の事でしょう。)

この投稿が橋本氏の社会的信用を低下されるとして、名誉棄損となりました。そしてこの投稿をリツイートしたジャーナリストも、名誉棄損に該当する、と言う結論なりました。

まず、ここまでのポイントして、今回のお話は「元ツイートが名誉棄損である」事が大前提と言う点です。

これを前提とした上で、実際の判例の重要な部分を見て行きましょう。

2.リツイートが名誉棄損に該当する場合

まずは判決の中で、そもそもリツイートがどのような趣旨で行われているのか?と言う事を裁判所が判断した部分を見てみましょう。

最初は地裁判決です。一番下にある地裁判決の11ページから12ページに記載されていますので、その内容を要約します。

【要約】

  • Twitterはツイートだけではなく、他人のツイートを引用したツイート(リツイート)ができる。
  • リツイートは自分のコメントを付けるリツイート(引用リツイート)と、自分のコメントを付けずにリツイート(単純リツイート)をする事ができる。
  • 投稿者が元ツイートを単純リツイートする場合、元ツイートの内容に賛同したり、逆に批判したり、様々な目的が考えられる。
  • でも、元ツイートを批判したり、議論を喚起する目的でリツイートする場合、普通は何らかのコメントを行う引用リツイートをするはずだから、このような目的でリツイートする場合、単純リツイートを行う事は考えにくい。
  • Twitterが140文字と言う制限があったとしても、単純リツイートは一般の閲覧者の普通の注意と読み方を基準として、投稿者がリツイートをした意図が理解できるような特段の事情の認められない限り、リツイートの投稿者が、自身のフォロワーに対して、元ツイートに賛同する意思を示していると解釈するのが相当だよね。
  • ただし、前後のツイートの内容から投稿者がリツイートをした意図が読み取れる場合(例えば批判とか)は例外だよ。

裁判所は一応、リツイートの目的が賛同だけではなく、批判等もあり得るとしていますが、批判等をするのであれば、通常は引用リツイートするよね?それが無ければ原則として、一般的な見方をすれば賛同している事になる=橋本氏の社会的評価が低下した=違法、と言う判断をしました。

続いて、高裁の判決文です。一番下にある高裁判決の21ページ(下から8行目)から22ページ(上から6行目まで)に記載されていますので、その内容をまた要約します。

  • 単純リツイートって、原則として元ツイートの表現内容そのものを、フォロワーのタイムラインに表示させる行為だよね。
  • そうであれば、元ツイートの意味が一般閲覧者の普通の注意と読み方を基準として解釈して、
  • 元ツイートの表現内容が変わったと変わったと解釈できるような特段の事情がある場合を除いて、
  • 元ツイートの表現内容が人の社会的評価を低下させるものであると判断されたら、
  • 単純リツイートした人が元ツイートの表現内容を自分のフォロワーに閲覧可能な状態に置くことを認識している限り(通常は認識しているはず)、
  • 違法性阻却事由又は責任阻却事由が認められる場合を除いて、
  • 単純リツイートを行った経緯、意図、目的、動機等のいかんを問わず、投稿について不法行為責任を負うものというべきだ。

最後、太字にした通り、最終的に地裁判決より厳しい判断がされる事になりました。

これで単純リツイートの場合は、自分自身が名誉棄損のツイートをした場合と同様の法的責任を負う、と言う結論になったのです。

3.リツイートしたい場合の対応

一般の方は「リツイートしただけで名誉棄損なんてやってられない!」と思われるかも知れませんが、このような判決がある以上、それなりの対応が必要になってくるでしょう。

では具体的にどうすれば良いか?

まず、名誉棄損的なツイートについては単純リツイートを行わない、と言うのが考えられます。

違法性阻却事由があれば法的責任を免れることが出来ますが、裁判で主張立証しなくてはいけないので、正直大変です。

でも、どうしてもリツイートしたい場合(例えば批判とか)はどうすれば良いのか?その場合は単純リツイートではなく、引用リツイートを行う事が考えられます。

判例にも、元ツイートについて批判したり、フォロワーに議論を喚起する目的でリツイートする場合は、通常はコメントをする引用リツイートを行うだろう、と書かれています。

引用リツイートによって、賛同する趣旨ではないことを明確にしていれば、不法行為責任を免れる事ができると思います。

ただし、引用リツイートの表現方法によっては、その表現方法について不法行為責任が発生する可能性があります。

このように、名誉棄損ぽいなーと言うツイートに対してリツイートする場合、このような工夫が必要になってくるでしょう。

ただし、どんなに注意して引用リツイートを行ったとしても、その内容によっては名誉棄損になる可能性があります。引用リツイートを行う場合、あくまで自己責任でお願います。

4.まとめ

今回取り上げました裁判については、リツイートの意味するところ以外にも、様々な争点があります。

下記に地裁の高裁の判決文のリンクを貼っておきますので、興味ある方は読んでみて下さい。

【大阪地裁令和元年9月12日判決】

【大阪高裁令和2年6月23日判決】

会社設立その他登記、
起業・マーケティングコンサルティング等、
提供サービスを見てみる。

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

起業家を支援するマーケターで司法書士。攻め(集客)と守り(法律)で起業家をサポートします(詳しい自己紹介は名前をクリック!)。

関連記事

特集記事

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

起業家を支援するマーケターで司法書士。攻め(集客)と守り(法律)で起業家をサポートします(詳しい自己紹介は名前をクリック!)。

メルマガ

電子書籍販売中

人気の記事

  1. 1

    代表取締役(社長)が死亡した場合の登記手続きを詳しく解説します

  2. 2

    会社の登記の添付書類で押印が必要な場合と必要ではない場合

  3. 3

    コンサルティング契約書の作成ポイントを司法書士が解説!(ひな型あり)

  4. 4

    会社への貸付金を現物出資(DES)し株式にする方法と登記(ひな形あり)

  5. 5

    水を1万円で売る?商品・サービスの価値の作り方とは?

最近の記事

  1. 「簡単に契約書が作成できる」サービスを過信してはいけない理由

  2. ビジネスにおける差別化の基本的な考え方とは?

  3. ご注意!嘘の登記申請をすると犯罪になります!

  4. 守るべき者があるならば真剣に考えるべき法律・お金の事

  5. コンサルティング・マーケティングで使うフレームワークの目的とは?

LINEでもお気軽にご質問ができます

TOP