マーケティングとは「何をすればあの人が喜んでくれるのか?」と考えること

マーケティング・集客

こんにちは。司法書士の甲斐(@tomoya_kai)です。

バブル経済が崩壊し、その後の様々な社会情勢が不安定の中、昔ながらの営業方法では物やサービスが全く売れなくなりました。

そこで注目されるようになったのが「マーケティング」ですが、このマーケティング、本質を理解されないまま、誤った意味合いで使われていることが結構あるんです。

このマーケティングの本質、「市場創造」とか「新しい価値の提供」とか「販売を不要にすること」とか様々言われていますが、より高い次元でマーケティングを見たとき、

「何をすればあの人が喜んでくれるのか?」

と考えることにあるのです。

1.マーケティングは相互理解が重要

マーケティングの定義は人によって異なり、「商品開発」や「広告」の事を指してマーケティングと定義している人達もいます。

ただそれらはあくまでマーケティングと言う一連の流れにおける断片的な作業であり、マーケティングの本質を表現したものではありません。

マーケティングの本質を現したものと言えば、公益社団法人日本マーケティング協会の定義が一番参考になるでしょう。

「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である」

公益社団法人日本マーケティング協会
https://www.jma2-jp.org/jma/aboutjma/jmaorganization

ここでのポイントは「相互理解」です。

  • 自分を知り、
  • 顧客を知り、
  • 自分が顧客に対してどんな事ができるか?

を徹底的に考える事が重要になってくるのですが、これってよく考えてみると、ある事と同じだと思いませんか?

それはずばり、「恋愛」です。

マーケティングは分かりやすく言えば、恋愛と非常に似ているのです。

2.マーケティングは恋愛と同じ

「マーケティングと恋愛は似ている」ことについては、多くのマーケターが指摘していますが、考えれば考えるほど、その通りなんですよね。

例えば、学生時代のことを思い出して欲しいのですが、当時、本気で好きになった人はいませんでしたか?

で、好きになった人を振り向かせる為に、色々な事を考えますよね?

例えば好きな人の基本的なパーソナル情報(顧客)として

  • どのような性格なのか?
  • 好きな食べ物やスポーツ、TV番組は?
  • 趣味や嗜好は?

等々考えますよね?

また、当然自分自身(自社)についても分析しますよね?

  • 自分自身がどう言う性格なのか?
  • 好きな人を振り向かせる武器はあるのか?
  • ライバルがいる場合、ライバルに勝てる方法はあるのか?

ライバルやライバルになりそうな人(競合他社)がいる場合、ライバルの分析も欠かせないでしょう。

  • どのような人がタイプなのか?
  • もしかして既に好きな人(ライバル)がいるのか?
  • ライバルの動向はどうか?

等々、総合的に考え、自分が取る戦略を決定しますよね?

これって、マーケティングにおける「3C分析」じゃないですか?

意識的、無意識を問わず、この分析を行って

  • どんなデートに誘うか?
  • そもそも、デートに誘ってOKしてくれるのか?
  • デートに誘うのが時期尚早であれば、まずは仲良くなる事が必要になってくる。どうやって仲良くなろうか?

等々、相手を中心にして様々な事を考えると思います。

まさに、マーケティングは恋愛と同じと言えるでしょう。

3.相手に対する「感情」も大切に

上記であえて「学生時代のこと」と言ったのには理由があります。

大人になってから振り返ると、学生時代って感受性が豊かではなかったですか?誰かを好きになったときって、その人の為に本気で色々な事を考えていませんでしたか?

だから相手にも自分の真剣な思いが伝わったはずです。

この感情のむき出し感って、良くも悪くも学生時代の特権だと思うんです。

これ、マーケティングも同様で、情報が氾濫している現代社会で、本当にお客さんにしたい人を振り向かせる為には、感情に訴えて「刺さる」必要があるんです。

マーケティングの様々な手法「だけ」にこだわるのではなく、相手の感情を揺さぶる「思い」も必要になってくるって事ですね。

4.まとめ

  • マーケティングは恋愛に良く似ている。
  • お客さんを振り向かせる為には感情を揺さぶる「思い」が必要。

良く考えてみると当たり前ですが、実務を行っていると忙しさに忙殺され、その当たり前の事を見失ってしまう事があります。

忙しいときにこそ意識的に立ち止まり、この当たり前の事に立ち戻るようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました