ビジネスマインド・ビジネス一般

ビジネスマインド・ビジネス一般

資格不要論に反論。起業する上で資格は取った方が良い理由とは?

起業する、しないと言った話しになると良く出てくる論点があるのですが、今回お話する「資格不要論」もその論点の一つです。 ようするに、「起業してビジネスをやるのであれば資格なんてあっても意味がない。だったらとっととビジネスを始めれば良い!...
ビジネスマインド・ビジネス一般

ビジネスにおけるグレーゾーンは積極的に攻めるべきか?

さて、今回のお話は、 「法律上のグレーゾーンについて、ビジネスチャンスとして捉え積極的に攻めるべきか?」 と言うお話です。 数日前、某インフルエンサーがこのようなツイートをしていました。 マナブ@バンコク@manab...
ビジネスマインド・ビジネス一般

節税コンサルタント(脱税コンサルタント)にはご用心!

僕が起業や会社設立の相談を受けてて非常に気になっているのが「皆さん税金を気にしすぎ」と言う点です。 まだ起業や会社を作ってはいない段階なのに「税金が高くならないか心配」とか「この事業目的は税金的に有利なのか?」とか、そんな事を心配して...
ビジネスマインド・ビジネス一般

唯一無二の商品でもボッタクリ価格はNG。プライシング能力を身に着けよう

今回はご自分の商品・サービスに関して値段の付け方を悩まれている方向けのプライシング(値付け)の考え方をお話したいと思います。 私は色々な会社から営業を受ける機会が良くあります。 Webやseoに関するIT系コンサルから電柱の広告、法...
ビジネスマインド・ビジネス一般

秘密保持契約の真の目的は顧客のスクリーニング

以前、秘密保持契約(NDA)に関する記事を書いた事があるのですが、今回はその補足的な内容です。 あなたが個人事業主や会社の社長だった場合、その営業上保有している情報やノウハウ等は重要な財産になります。 そして、他の企業と取り引き...
ビジネスマインド・ビジネス一般

オリンピック組織委員会の例で見る、意思決定のプロセスの透明性について

すったもんだが色々とありましたが、東京オリンピックの開催がいよいよ間近に迫ってきています。 コロナ禍の影響があり、様々議論があった東京オリンピックですが、一時期は会長の選定について非常にゴタゴタしていましたね。 元々は森喜朗氏の女性...
ビジネスマインド・ビジネス一般

事業(ビジネス)においても「借金=悪」になり得る理由

何らかのビジネスを行っていると、必ず話題に出てくるのが「借金=悪」と言う話題です。 この話題は非常に賛否両論分かれるので、ビジネス系インフルエンサーが一定周期で良く取り扱っていますね。 「借金=悪と考えている奴は情弱」とか。 彼ら...
ビジネスマインド・ビジネス一般

ビジネスを行う起業家にとってスキルよりマインドが重要な理由

副業を含め「起業をしたい!」と考えたときに必ずと言っても良いほどぶち当たるのが「マインド」の話しです。 いわゆるビジネスマインドの世界なのですが、自己啓発セミナーを受けたり自己啓発本を読むと、起業家はマインドが必要、マインドセットをす...
ビジネスマインド・ビジネス一般

「起業家は他責より自責であるべき!」の正しい捉え方

起業家が持つべきマインドとして「自責」と言うのがあります。 ザックリと「出てきた結果は自分の責任!」と言う意味合いで使われる事が多く、有名どころの起業家がほぼ例外なく「他責ではなく自責で生きましょう」と言った趣旨の発言をします。 事...
ビジネスマインド・ビジネス一般

即断即決をする事は「熟考」を放棄する事ではない

ビジネスの世界で今も昔も崇拝されている考え方の一つに「即断即決」があります。 「考える前にとっとと行動した方が、結果的に得られる事が沢山ある。だからこそまずは行動しよう!」と言う意味ですね。 即断即決ができるビジネスパーソンほど「仕...
ビジネスマインド・ビジネス一般

悪質なコンサルタント・マーケターに引っかからない為のポイント

個人事業主や株式会社を経営していると、どうしてもビジネスの壁にぶち当たあたり、外部の専門家の力を借りたい時が出てきます。 そこで頼りになるのが外部のマーケターやコンサルタントなのですが、最近はコンサルタントの質が非常に悪くなっており、...
ビジネスマインド・ビジネス一般

仕事で過度に即レスをしない・求めてはいけない理由

「仕事が出来る人は、とにかく即レスをする」 このような趣旨の話、どこかで聞いたことがありませんか? 世の中はもの凄い速さで進んでいますし、意思決定や連絡も迅速に行う必要がある。 さらに、レスポンスを行わず相手を待たせると言う事は、...
ビジネスマインド・ビジネス一般

電話かメールかの最適解。メール等の文字ツールを使う場合の注意点

今は若干下火になりましたが、その昔、仕事の連絡手段として「電話かメール等の文章ツールか?」について議論がなされる事が良くありました。 発端はホリエモンですね。 彼は著書等の中で「電話してくる人とは仕事はするな」と明言していますし、彼...
ビジネスマインド・ビジネス一般

インフルエンサーの信者になってはいけない理由

SNS、特にTwitterの中で展開されている「信者ビジネス」。 信者ビジネスとは、インフルエンサーをあたかも教祖として祭り上げ、「信者」からお金を吸い上げるビジネスモデル(?)の事です。 特に今後自分で何らかのビジネスを行おうとし...
ビジネスマインド・ビジネス一般

「結果が全て」が口癖の人がダメな理由

少し前の日本の会社は「終身雇用制度」が主流であり、取り敢えず正社員として就職すれば、余程の事がない限り解雇されず定年まで働けて、給料も右肩上がりの会社が多く存在していました。 しかし、この価値観が1990年代のバブル経済崩壊から少しづ...
ビジネスマインド・ビジネス一般

初めて法務部を設置する企業の方へ。法務部の具体的な仕事の内容とは?

会社を設立し、順調に売り上げが伸びてくると優秀な人材を確保し、組織として大きくなっていく事もあります。 その中で様々な部門が出来てきますが、私がクライアントと話していて良く聞かれるのが「法務部」の事です。 「組織も大きくなって法律的な...
ビジネスマインド・ビジネス一般

司法書士じゃなくてもキックバックしてはいけない本質的な理由

このブログは主にフリーランス・個人事業主の方向けに法律やマーケティングの話しを書いています。 で、今回は集客に関するお話なのですが、日本では商習慣としてキックバック(紹介料)ってのがあります。 キックバック(紹介料)は文字通り、お客...
ビジネスマインド・ビジネス一般

事業者同士のコラボ。業務提携の基本知識を解説します

個人事業主や一人会社の社長として様々な業務を行っていると、人脈も広がり、 「コラボしてビジネスを行いませんか?」 と声を掛けられる事があります。 コラボする相手が信頼できるかどうかはしっかりと見極める必要がありますが、上手く行けば...
ビジネスマインド・ビジネス一般

経営者必見!優秀な税理士と顧問契約を締結するポイントとは?

会社経営を行う時に、切っては切れない専門家が税理士です。 司法書士も会社設立やその他の会社登記は勿論、相続や事業承継等で税理士の先生と連携する事が良くあり、私自身も沢山の税理士の先生と関わらせて頂いております。 その中で、会社を経営...
ビジネスマインド・ビジネス一般

個人でビジネスを行うのであれば、「ヤバイ奴」を避ける事は必須です

どの業界にも「ヤバイ奴」はいて、個人でビジネスを行う以上、このヤバイ奴をどうやって避けて行くかは重要な課題の一つとなってきます。 ただし、ヤバイ奴と言ってもそのレベルはピンからキリまであるでしょうし、どのレベルを避ければ良いかと言った...
タイトルとURLをコピーしました