職人(専門家)でもマーケティングが関係ある理由

マーケティング・集客

こんにちは。司法書士の甲斐です。

早速ですが、先日、Twitterでこんな事をツイートされていた方がいらっしゃいました。

Jはお前なんだよ@tako_kora_
毎日出された料理を食べてるだけの立場から言うとこの業界は結局は腕ですよ。腕があればマーケティングとか関係ないと思う。誰にも作れない美味い料理を出せれば黙ってても客は来ると思いますしリピーターも来ますよ。看板に釣られて入った店は不味かったら二度と行かないですよ。

詳しくは分からないのですがこの方は裁判官のようで、いつも弁護士等から提出されている裁判書類を見ていると結局は専門家(職人)としての腕が重要。腕があればマーケティングとか関係がない(必要がない?)と言う趣旨だと思います。

このツイートに関しては批判的な意見も多く(裁判官だから世の中の事を分かっていない等)、若干炎上義務になっているのですが、では腕がある職人であればマーケティングは関係ないのか?と言うとそんな事はけっして無いんですね。

今回はその辺りのお話をしたいと思います。

1.そもそも、マーケティングの意味を誤解していないか?

このツイートを見たときも、この意見に賛同している人の引用ツイートを見たときも感じたのですが、「マーケティングの意味を誤解していないか?」と思ったんです。

マーケティングを「単なる広告や宣伝」、もしくは「石ころをダイヤモンドのように、価値が無いものをあたかも価値があるように見せかける技術」と思っているんじゃないかなーと。

当然ながらマーケティングってそうじゃなく、

・その商品・サービスの価値や魅力を正確に伝える技術
・その商品・サービスを必要としている人に対して確実に届ける技術

なんですね。

2.職人だってマーケティングが関係がある理由

まず大前提として、職人であれば腕が良いのは当たり前です。腕が無ければお客さんに対して失礼ですし、そもそもそんな商品・サービスは売ってはいけません。

では、腕さえあればマーケティングは関係がないのかと言えば、けっしてそう言うことではないんですね。

その理由、上記のマーケティングの定義を見れば一目瞭然でしょう。

マーケティングとは、自分の商品・サービスを必要としている人に、ちゃんとそれらを届ける活動の事を指します。

つまり、自分の「腕」を必要としている人がいるのであれば、その人に自分の情報が届くようにしてあげるのが、職人(専門家)としての義務なんです。

自分の腕に自信があり、そして実際に客観的な能力があるのであれば、世の中に価値を提供する事はむしろ当然の義務であり、職人(専門家)としての正しいスタンスのはずです。

また、その確かな腕があればお客さんはリピートするでしょうし、口コミで紹介がドンドン増えていくでしょう。

それも結局、商品・サービスを必要とする人に届けるマーケティング活動なのです。

3.まとめ

別にこの方だけでじゃないのですが、職人気質の方はどうもマーケティングを誤解しているような印象を受けます。

このような賛否両論の話しが出てきた場合、まずは言葉の定義を正確に考える必要があるでしょう。

【お気軽にお問い合わせ下さい】
集客と法律のお困りごとを解決します。提供中サービスはこちら(※ご相談はzoomで全国対応可)

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

熱き志を持つ起業家を法律とマーケティングで支援する司法書士。趣味はキックボクシングと朗読。

関連記事

特集記事

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

熱き志を持つ起業家を法律とマーケティングで支援する司法書士。趣味はキックボクシングと朗読。 (詳しい自己紹介は画像をクリック!)。

問題解決能力を高めませんか?

集客に困らない会社設立手続き

攻めと守りのコンサルティング

電子書籍販売中

人気の記事

  1. 1

    会社の登記の添付書類で押印が必要な場合と必要ではない場合

  2. 2

    【代表取締役社長の死亡】登記手続を司法書士が分かりやすく解説

  3. 3

    一人会社の場合はどうなる?取締役と会社の「利益相反取引」とは?

  4. 4

    水を1万円で売る?商品・サービスの価値の作り方とは?

  5. 5

    会社への貸付金を現物出資(DES)し資本金を増やす方法と登記

最近の記事

  1. 自分の会社に素人の投資家から投資をしてもらう時の注意点とは?

  2. 認知症の人の不動産を売却・購入するリスクとは?

  3. 遺留分対策(相続対策)で生命保険活用時の注意点

  4. 経済産業省が創設したスタートアップの法務支援を行う専門家チームとは?

  5. デジタル遺産(遺品)の相続対策のポイントとは?

TOP