会社設立を司法書士に依頼すると、あなたのビジネスにプラスになる

会社設立・商業登記

こんにちは。司法書士の甲斐(@tomoya_kai)です。

会社を作るためには登記申請が必要になってきますが、この登記申請はご自分で行うか、もしくは登記申請を含め、会社設立の手続きの全てを司法書士に依頼する方法の2通りがあります。

最近は会社設立に関してインターネットで検索すると、

「会社設立の専門家である司法書士に依頼しなくても、簡単に会社を作る事ができる!」

事を謳い文句にするサイトが沢山出てきますので、ご自分で会社を作る方も多いようです。

確かに、ご自身で会社を作った場合、司法書士への報酬を節約できます。

しかし、司法書士に会社設立を依頼した場合、単純に手続き面の事ばかりではなく、あなたのビジネスにとってプラスになるのです。

今回は、会社設立を司法書士に依頼した場合のメリットのお話です。

1.対外的な信頼を得る事ができる

例えば銀行から融資を受けようとした場合や許認可の申請を行うとした時、会社の定款と登記事項証明書の提出を求められます。

また、新しい企業と取り引きを行う場合、ほぼ確実にあなたの会社の登記事項証明書を取得してくるでしょう。

このように、企業間の取り引きでは定款や登記事項証明書を確認される事が多々あるのですが、その時に定款や登記の内容が雑だと「この会社、本当に大丈夫?」と思われる事があるんですね。

実際に私が見たケースだと、

・取締役会設置会社ではないのに、「〇〇の手続きには取締役会の承認が必要」と書かれた定款。
・会社の目的に関連性がない項目が並んでいて、結局何をしている会社なのかが分からない。
・会社の目的に、あまりよろしくない文言(ネットワークビジネス等)が入っていた。

このような定款や登記事項証明書がありました。

「自分で会社設立に必要な書類が作成できるサイト」は、会社法や商業登記法の知識が必要なく書類を作成出来る事が売りですが、逆を言えば、「テキトー」に入力するだけで書類が作れてしまいます。

でも、その内容に問題があるかないかの判断は誰もしてくれないんですね(公証人や法務局はあくまで必要範囲内でしかチェックしませんので)。

その為、会社設立登記が完了したとしても、潜在的な問題は解決されず、時限爆弾のようにある日突然爆発する、と言う事が起こり得るのです。

しかし、司法書士がしっかり会社設立に関わっていれば、法的な問題は勿論、会社設立後のビジネスについて問題が無い対策を行う事が可能になります。

2.会社設立の手続きの手間と時間を節約できる

基本的な知識が無くても「自分で会社を作るサイト」を利用すれば会社を作る事は可能ですが、潜在的に問題を抱えた会社が出来上がる可能性があります。

そうではない、しっかりとした会社を作りたいのであればそれなりに勉強が必要になってくるのですが、勉強には手間と時間がかかります。

どれくらいの時間がかかるのか?

その人その人の特性にもよりますが、およそ「1040分」と算出された司法書士がいらっしゃいます。

会社設立登記は、起業家自身でやれば「10万円」浮き、「1040分」失う|吉田直矢|note
YOSHIDA OFFICEの代表の吉田といいます。 株式会社設立の登記手続きを、起業家自身で行うほうが得なのかどうか。 それは、創業にあたって自分の時給をいくらに見積もるかが一つの目安となります。 株式会社設立登記にかかる作業時間の合計は、「1040分(17.3時間)」*1、 出典:規制改革推進会議行...

1040分、つまり「約17時間」です。

17時間が多いと思うか少ないと思うのかは人それぞれですが、時間は経営者にとって重要なリソースです。

17時間と言うリソースを会社設立手続きに費やすのか、それとも経営者が行うべき別の仕事に費やすのか?

この点はしっかりと考えた方が良いと思います。

3.何でも相談ができる専門家との接点ができる

私は、司法書士に会社設立を依頼する最大のメリットがこれだと断言できます。

起業をした場合、基本的には自分で何もかも行う必要がありますが、それには限界があります。

違う視点を考えれば、クライアントとのやり取りの中で、報酬未払い等の法的トラブルに発展する事も十分に考えられます。

そのような時に、身近に気軽に相談できる法律の専門家がいればどうでしょうか?

また、司法書士はあなたにとって起業家としての先輩です。

起業の「酸いも甘いも」知っているので、法的な事だけではなく、ビジネス全般の事も気軽に相談する事が出来るのです。

そのような専門家が身近に入れば、心強いと思いませんか?

親しい友達に弁護士や司法書士の友達がいれば良いのですが、そうではない方も当然いらっしゃると思います。

そのような時、会社設立と言う縁をきっかけに、未来の安心を買う事が出来るのです。

4.まとめ

会社設立における司法書士の報酬はだいたい10万円ぐらいですので、ご自分で会社設立手続きを行うと、この10万円を節約する事ができます。

しかし、この10万円をかける事により時間を他の事に使う事が出来ますし、何より強力な法律の専門家を身近にする事が出来ます。

正直、10万円なんて正しくきちんとビジネスを行えば、簡単に稼ぐ事が出来ます。

と言うより、10万円すら稼げないようであれば、あなたの幸せの為に起業しない方が良いでしょう。

その10万円に拘って本来行うべき事を後回しにするのか、将来の利益の為に10万円を使うのか。

そこはしっかりと判断した方が良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました