資本金の払い込みをネットバンキングで行った場合(通帳がない場合)

会社設立・商業登記

こんにちは。司法書士の甲斐です。

会社設立時の添付書類として「資本金の払い込みがあったことを証明する書面」が必要になってきます。

通常は通帳を利用してこの書面を作成するのですが、最近はメガバンクでも通帳を発行しない場合があり、さらにネット銀行ではそもそも通帳が存在せず、ネット上で残高等を管理できるようになっています。

「払い込みがあった事を証明する書面」は、会社設立時に必ず添付する必要があるのですが、ネットバンキングで通帳が無い場合、ちょっとしたコツが必要になり、そのコツを踏まえた上で書面を作成しないと、最悪の状況として書面の作成をやりなおさなくてはいけなくなります。

今回はその、通帳がない場合の「資本金の払い込みがあったことを証明する書面」の作成方法のお話になります。

1.通帳がある場合

まずは基本パターンをおさらいしましょう。

通帳がある場合、一般的な方法として下記の部分の通帳のコピーを取ります。

・通帳の表紙
・通帳の1ページ目(銀行の届出印や支店名、口座名義人や口座番号等が記載されている部分)の見開き
・資本金が払い込まれた部分ページ

上記の3つのコピーと、代表取締役が作成した「資本金の払い込みがあった事を証明する書面」と合鐵します。

Eco通帳(インターネット通帳)も上記の3種類の部分についてプリントアウトします。

ようするに法務局側から見て、「誰がどの口座にいくら払い込んだのか?」が分かる状態にしなくてはいけないのです。

2.通帳がない場合

それでは通帳(Eco通帳含む)がない、場合、どうすれば良いのでしょうか?

そもそも、「払い込みを証明する書面」については、法務省より通達(平成18年3月31日民商782号通達)が出ており、以下のものが該当します。

・払込金受入証明書(金融機関が作成したもの)
・設立時代表取締役または設立時代表執行役の作成に係る払込取扱機関に払い込まれた金額を証明する書面に、次の書面のいずれかを合綴したもの
(ア)払込取扱機関における口座の預金通帳の写し
(イ)取引明細表その他の払込機関が作成した書面

上記の基本パターンが(ア)だったので、通帳がない場合(イ)の方で対応する事になります。

払込金受入証明書(金融機関が作成したもの)は、金融機関から見て作成に非常に手間がかかります。その為、現実的な選択肢として(ア)か(イ)になります。

具体的には、ネットバンキングを行った際のサイトやアプリの画面のスクリーンショットを取ってプリントアウトするのですが、考え方としては通帳と全く同じなので

・銀行名(金融機関名)、支店名
・口座名義人名
・口座番号
・資本金が払い込まれた箇所(振込人の氏名及び日付)

の情報が表示された画面をスクリーンショットし、プリントアウトします。

なお、上記の情報が複数の画面にまたがる場合は、プリントアウトは複数枚になってもOKです。

ちなみに、代表取締役の証明書と合鐵するのには変わりがないので、上記のスクリーンショットをプリントアウトする場合、A4サイズで揃えた方が効率的です。

3.まとめ

会社の登記は細かい部分のルールがあり、そのルールに則っていないと手続きが最悪「やりなおし!」になる事があります。

面倒かもしれませんが、「間違っていたら後で訂正すれば良いや」と言う考えが通用しないのが登記の世界です。ミスがないよう確実性を大切にして手続きを行うようにしましょう。

【お気軽にお問い合わせ下さい】

集客と法律のお困りごとを解決します。提供中サービスはこちら(※ご相談はzoomで全国対応可)

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

マーケティングも相談できる司法書士。ビジネスで重要な攻め(集客)と守り(法律)で起業家をサポートします。(詳しい自己紹介は画像をクリック!)。

関連記事

特集記事

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

起業家を支援するマーケターで司法書士。ビジネスで重要な攻め(集客)と守り(法律)で起業家をサポートします。(詳しい自己紹介は画像をクリック!)。

問題解決能力を高めませんか?

集客に困らない会社設立手続き

攻めと守りのコンサルティング

電子書籍販売中

人気の記事

  1. 1

    会社の登記の添付書類で押印が必要な場合と必要ではない場合

  2. 2

    代表取締役(社長)の死亡による登記手続きの注意点

  3. 3

    一人会社の場合はどうなる?取締役と会社の「利益相反取引」とは?

  4. 4

    コンサルティング契約書の作成ポイントを司法書士が解説!(ひな形あり)

  5. 5

    水を1万円で売る?商品・サービスの価値の作り方とは?

最近の記事

  1. ECサイト運営者は要注意!特商法改正のポイントを解説します

  2. 集客をTwitterやInstagram等のSNSだけに頼ってはいけない理由

  3. 悪質・詐欺的なSNS集客コンサル、情報商材屋の相談が増えています

  4. コンサル契約で「いかなる理由でも返金しない」条項があったら要注意!

  5. ビジネスで失敗しない為に、会社設立を行うときに真剣に考えるべき事

相続・家族信託専門サイト

TOP