即独立よりサラリーマンをやりながら副業の方が良い理由

起業・副業

こんにちは。司法書士の甲斐です。

昨今は先が見えない時代。大手企業も「終身雇用制度が維持できない」と宣言しており、昔とは異なり何かあっても会社は守ってくれない時代となりました。

その為、一部界隈では「即独立」を謳い文句にして起業する事を煽っている勢力があります。

また、内部環境があまり良くない会社もあり、いわゆるパワハラまがいの事をされ我慢できず「こんな会社辞めて独立してやる!」と突発的に退職、起業する人もいるでしょう。

でも、これは僕自身の失敗談でもあるのですが、サラリーマンがいきなり独立・起業するのはお勧めしません。最初はあくまでサラリーマンのまま「副業」として起業すべきです。

1.サラリーマンをしながら副業をした方が良い理由

① 安定した収入があり、何度も失敗をする事ができるから

もうこれが圧倒的なメリットですね。

独立した瞬間、定期的な収入が途絶えるわけですし、どんどん減っていく口座残高を見て精神的におかしくなる事も1度や2度の事ではありません。

昔と比べて確かに独立はしやすくなりましたが、それはあくまで独立時のハードルが低くなっただけです独立してからの事はもしかしたら昔よりはるかに難しくなった可能性があります。

そんなサバイバルな現状でも定期的な収入があれば、何度も失敗できる副業の方が効率的だと思いませんか?

② スモールビジネスで起業(副業)できるから

上記の「独立時のハードルが昔と比べて低くなった」と直結するお話ですが、要するに現代社会は起業するのに多くのお金が必要がないんです。

在庫が必要ないコンサルティングのような仕事であれば小資本で出来ますし、SNSやブログ等を使えば広告費も節約できます。

「小さく初めて大きく育てる」スモールビジネスこそ、副業で選択すべきポイントなのです。

2.「起業」「独立」に関する甘い言葉に騙されてはいけない

と、サラリーマンの副業論を語りますと、こんな主張をされる人達が出てきます。

  • サラリーマンをやりながら副業なんてヌルい。
  • そんなやつら退路を断っていないし、「覚悟」が足りないので結果なんて出るわけない。
  • 即独立をやらない理由はない。

と言ったカッコ良い言葉で独立を煽る人がいます。

まぁ、その人から見ればそうかも知れません。リスクを取らないとリターンを得る事は出来ませんので。

でも、取る必要のないリスクをわざわざ取ってどうするんですか?

確かに独立するのには「覚悟」が必要ですが、それは独立する最終段階でも良いんです。

覚悟だけで独立して、実際に収入を得る事ができなかったら、本当に地獄です。「人生なんとかなる」と言う言葉がありますが、なんとかなりません。なんとかしている「だけ」です。

その「なんとかする」為には、副業の段階でマーケティングセンスを磨き、世の中にどのような事で困っている人や願望を持っている人がいるかを徹底的に調べ、自分の知識やノウハウを磨きあげる必要があります。

これにはある程度の時間がかかりますし、多くの失敗が必要になってきます。

お金もお客さんもいないまま即独立して「よし、セールスだマーケティングだ!」と言ってもすぐにお金が尽きてしまいます。

「貧すれば鈍する」とは良く言ったもので、お金がなければ精神的に余裕がなくなり、精神的な余裕がなくなれば事業に関する判断もおかしくなりますし、大切な家族に感情的に当たってしまう事もあるでしょう。

本当の「覚悟」と言うのは、大切な人達の為にこのような事を未然に防ぐためにはどうするか?を徹底的に考える事なのです。

3.まとめ

会社に頼る事なく自分自身の力で稼ぐ能力は、今後ますます必要になってくるでしょう。

とは言え「取らなくても良いリスク」は取る必要はありません。

定期的な収入があるサラリーマンをやりながら何度もトライ&エラーを繰り返す事ができる副業は、サバイバルな現代社会を生き抜くビジネスパーソンにとっては最適解でしょう。

ただ、副業と言ってもアルバイト等は避けた方が良いです。さっきご紹介しましたスモールビジネスのような「自分の事業」を副業としましょう。

【お気軽にお問い合わせ下さい】
集客と法律のお困りごとを解決します。提供中サービスはこちら(※ご相談はzoomで全国対応可)

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

熱き志を持つ起業家を法律とマーケティングで支援する司法書士。趣味はキックボクシングと朗読。

関連記事

特集記事

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

熱き志を持つ起業家を法律とマーケティングで支援する司法書士。趣味はキックボクシングと朗読。 (詳しい自己紹介は画像をクリック!)。

問題解決能力を高めませんか?

集客に困らない会社設立手続き

攻めと守りのコンサルティング

電子書籍販売中

人気の記事

  1. 1

    会社の登記の添付書類で押印が必要な場合と必要ではない場合

  2. 2

    【代表取締役社長の死亡】登記手続を司法書士が分かりやすく解説

  3. 3

    一人会社の場合はどうなる?取締役と会社の「利益相反取引」とは?

  4. 4

    会社への貸付金を現物出資(DES)し資本金を増やす方法と登記

  5. 5

    法務局の登記相談は親切丁寧に教えてくれない当然の理由

最近の記事

  1. 自分の会社に素人の投資家から投資をしてもらう時の注意点とは?

  2. 認知症の人の不動産を売却・購入するリスクとは?

  3. 遺留分対策(相続対策)で生命保険活用時の注意点

  4. 経済産業省が創設したスタートアップの法務支援を行う専門家チームとは?

  5. デジタル遺産(遺品)の相続対策のポイントとは?

TOP