会社設立・商業登記

法人化する真のメリットとは?

個人事業主が法人化するメリットは様々ありますが、一番多く謳われているのが、税金面に関する事ですね。 色々な起業家の話しを聞いてみても、法人化=税金面のメリットを享受する、と言う考え方が主流なのかなーと思います。 と、税金面のメリット...
ビジネスマインド・ビジネス一般

起業家は値引き交渉をするな!

BtoBであれBtoCであれ、起業すると様々なお客さんと接すると思いますが、当然自分がお客さんになる事もありますよね? Webサイトを制作してもらったり、広告を出してもらったり、チラシやパンフレット・名刺を作成してもらったり。 この...
会社設立・商業登記

株主間の株式譲渡について会社の承認を不要とするデメリット

株式会社を設立する場合、最初に定款を作成する必要があります。 この定款は書籍やインターネットで検索するとひな形が公開されていますので、設立する会社の事情に合わせてカスタマイズして作成すれば良いのですが、そのひな形の中にこのような条文を...
不動産登記

法務局の登記相談は親切丁寧に教えてくれない当然の理由

不動産を購入したり相続した場合、その後に登記申請を行う事になります。 会社についても同様で、会社を設立したり、その後に役員変更等を行った場合、登記申請が必要になってきます。 で、この登記に関しては司法書士の独占業務となっているのです...
契約書

契約書のリーガルチェックの手間を省く簡単な方法

何かの仕事を受注した場合、契約書等の証拠を残す事は法的トラブルを未然に防ぐ為に必要不可欠です。 契約は口頭でも効力が発生しますが、その証拠がなければ報酬未払い等で仮に裁判になった場合、勝つことは難しいので。 で、最近多いのがこの契約...
起業・副業

起業塾は詐欺なのか?起業塾に入る場合の注意点

世の中に「起業したい!」と言う人が増えてくると、そのニーズに合わせたサービスを提供する人が増えてきます(当然ですが)。 僕自身も起業支援やコンサルを行っているのですが、似たようなサービスとして「起業塾」と言うのがあります。 まぁ、名...
コンサルティング・問題解決思考

「コンサルタントなんて必要がない」と言う人ほど成功できない理由

コンサルタントはクライアントの問題を解決する為に様々な提案を考える、頼りになる存在なのですが、「コンサルタント不要論」と言うのも存在します。 僕は司法書士として会社社長と話す機会が多く、コンサルティングを依頼した会社社長から「あいつら...
マーケティング・集客

マーケティングが不要ではない理由

昔の日本とは異なり、今は頭を使わなければ商品が売れない時代になりました。 昔ながらの浪花節的な営業ではなく、しっかりと消費者の事を理解し戦略的に商品を開発・販売しましょう!と言う意味でマーケティングに力を入れている会社が増えてきている...
起業・副業

起業支援のコンサルタントがやってくれる事とは?

僕は司法書士の傍ら、起業したい人向けの「起業支援」を行っているのですが、調べてみると起業支援を行っているコンサルタント、結構いるんですよね。 ただ、起業に関する支援と言うのは非常に幅広く、実際にコンサルタントに依頼するとしても、そのコ...
ビジネスマインド・ビジネス一般

資格不要論に反論。起業する上で資格は取った方が良い理由とは?

起業する、しないと言った話しになると良く出てくる論点があるのですが、今回お話する「資格不要論」もその論点の一つです。 ようするに、「起業してビジネスをやるのであれば資格なんてあっても意味がない。だったらとっととビジネスを始めれば良い!...
起業・副業

サラリーマンが副業でビジネスを行う上で必要なマインドとは?

副業に関するご相談が地味に増えてきておりまして、サラリーマンの方の意識も昔と比べて変わってきているんだなーと感じています。 副業と言っても色々とあるのですが、どこかでアルバイトするとか言ったことではなく「自分でビジネスを行う」副業のこ...
コンサルティング・問題解決思考

自分の商品・サービスをコンサル化したい人が最初に読むべき本

「自分の商品・サービスについて、競合他社との差別化を図りたい!」と思った場合に手っ取り早いのが「コンサル化」する事です。 あなたが提供する商品・サービスについて、 どんな人のどんな悩み(願望)について どのような方法で ...
マーケティング・集客

独立当初にやるべき集客の最適解とは?

独立、起業した人がすぐに直面する大きな悩みは、「集客」に関することなんですよね。 独立する前に既にお客さんを沢山獲得していれば、集客に関して特に困ることはないと思うのですが、そう言うケースって稀だと思いますし、多くの経営者がこの集客の悩み...
マーケティング・集客

職人(専門家)でもマーケティングが関係ある理由

早速ですが、先日、Twitterでこんな事をツイートされていた方がいらっしゃいました。 Jはお前なんだよ@tako_kora_ 毎日出された料理を食べてるだけの立場か...
会社設立・商業登記

合同会社の(代表)社員が死亡した場合の登記手続きの注意点

以前、株式会社の代表取締役が死亡した場合の登記手続きについて解説しましたが、今回はその合同会社バージョンのお話をします。 株式会社と比較して簡易な手続きがウリな為、法務局での合同会社の設立件数は増えてきていますが、株式会社との違い...
会社設立・商業登記

資本金の払い込みをネットバンキングで行った場合(通帳がない場合)

会社設立時の添付書類として「資本金の払い込みがあったことを証明する書面」が必要になってきます。 通常は通帳を利用してこの書面を作成するのですが、最近はメガバンクでも通帳を発行しない場合があり、さらにネット銀行ではそもそも通帳が存在せず...
マーケティング・集客

マーケティングとは「何をすればあの人が喜んでくれるのか?」と考えること

バブル経済が崩壊し、その後の様々な社会情勢が不安定の中、昔ながらの営業方法では物やサービスが全く売れなくなりました。 そこで注目されるようになったのが「マーケティング」ですが、このマーケティング、本質を理解されないまま、誤った意味合い...
マーケティング・集客

低価格の商品と高価格の商品。起業当初はどちらの商品で集客すべきか?

どんな仕事でもそうですが、起業した当初に悩む事の一つとして、低価格の商品と高価格の商品のどちらをメインで行うべきかと言う点が挙げられます。 どちらの商品をメインにするかによって、その後の集約方法や会社の方針、最終的には事業の命運もガラ...
法律知識一般

相続が起こった場合、社長の株式はどうなってしまうのか?

以前、「起業家は遺言を書くべき!」と言った内容のブログを書いた事があるのですが、今回はそれに関連する「会社の相続」のお話です。 あなたがもし交通事故等で突然亡くなった場合、あなたの財産は原則として相続人に引き継がれる事になります...
会社設立・商業登記

暗号資産(仮想通貨)を出資して会社設立を行う場合の注意点

会社を設立する際、出資金の払い込みをする必要があるのですが、実はお金以外の物も出資の対象とする事ができます。 例えば車やパソコンと言った「物」や貸付金と言った「債権」でも出資の対象とする事ができます。 また、最近活発的に取り引きがさ...
タイトルとURLをコピーしました