会社設立・商業登記

法人口座の開設を断られた理由は、会社の作り方に問題があるからです!

Twitterで定期的に現れるネタで 「会社を作って法人口座開設の申込をしたら、銀行から口座開設を断られた!」 と言うのがあるんですが、正直なところ、僕はこれにすっごい違和感があるんです。 と言うのも、僕はこれまで何十社と会社設立...
ビジネスマインド・ビジネス一般

悪質なコンサルタント・マーケターに引っかからない為のポイント

個人事業主や株式会社を経営していると、どうしてもビジネスの壁にぶち当たあたり、外部の専門家の力を借りたい時が出てきます。 そこで頼りになるのが外部のマーケターやコンサルタントなのですが、最近はコンサルタントの質が非常に悪くなっており、...
法律知識一般

譲渡制限株式を譲渡したい場合の手続きを解説します

株式会社の株式は原則として自由に譲渡を行う事が出来ますが、株式にいわゆる「譲渡制限」が付いている場合、一定の手続きを行う必要があります。 株式に譲渡制限が付いていると言う事は、会社にとって望ましくない株主の登場を拒否しているとも言えま...
法律知識一般

社長は家族の為に絶対に知るべき!連帯保証に関する基礎知識

あなたが会社を設立した場合、ビジネスに関連するその後の様々な契約は会社が行う事になります。 仕事を受注した際の契約も、広告や宣伝を誰かにお願いする際の契約も、オフィスを新たに借りる場合の契約も、すべて会社と言う「別人名義」で契約する事...
会社設立・商業登記

転換社債型新株予約権付社債の発行方法と登記手続き(議事録ひな型あり)

株式会社が資金調達する手段として有名なのが株式ですが、その他「社債」と言うのがあります。 さらに、この社債に新株予約権を付けた「転換社債型新株予約権付社債」の発行が上場会社を中心に良く行われています。 この「転換社債型新株予約権付社...
ビジネスマインド・ビジネス一般

仕事で過度に即レスをしない・求めてはいけない理由

「仕事が出来る人は、とにかく即レスをする」 このような趣旨の話、どこかで聞いたことがありませんか? 世の中はもの凄い速さで進んでいますし、意思決定や連絡も迅速に行う必要がある。 さらに、レスポンスを行わず相手を待たせると言う事は、...
法律知識一般

取締役になれない人とは?(取締役の欠格事由)

株式会社を設立する際、取締役の設置は絶対必要になってきます。 取締役会を設置しなければ1名以上、取締役会を設置する場合は3名以上必要になってくるのですが、実は法律上、「取締役になれない人」と言うのが規定されています。 仮に取締役にな...
契約書

コンサルティング契約書の作成方法のポイントとは?(ひな型あり)

本業、副業を問わず、コンサルティング業務を行っているコンサルタントの方が増えてきています。 ひと昔前はコンサルタントと言えば「経営コンサルタント」だったのですが、今は Webコンサルタント SNSコンサルタント 集客コ...
会社設立・商業登記

金銭以外の財産を出資したい場合(現物出資とは?)

株式会社を設立する場合、発起人は株式を引き受けるのと引き換えに、財産を株式会社に出資する必要があります。 財産の多くは「金銭」ですが、実は金銭以外の財産も出資する事が可能です。 ただし、金銭以外の財産の出資の手続きに関しては、少し難...
不動産登記

ネット銀行の住宅ローンを利用する時の指定司法書士の注意点

マイホームを購入する際にまとまった現金を用意出来ない場合、金融機関の住宅ローンを利用する事が多いでしょう。 住宅ローンは銀行が提供する商品として一般的なイメージがあると思いますが、最近は店舗を持たない「ネット銀行」も各種住宅ローンを提...
法律知識一般

株主総会と取締役会の基本知識

株式会社を設立した場合、重要な事項は株主総会で決める必要があります。 また、取締役会を設置した場合、同様に取締役会で決めるべき事がありますが、それぞれ招集手続きから決議方法まで厳格なルールがあります。 定款を作成したときにこれらのル...
会社設立・商業登記

株式会社の設立時に定款の認証はなぜ必要なのか?

株式会社を設立する際の最初の難関は定款の作成です。 会社法上、決める事は様々あり、この段階で非常に苦労される起業家の方が沢山います。 苦労して定款の作成が終了したら、今度はその定款について、公証人の認証を受ける必要があります。 定...
ブログ・SEO

毎日更新しても意味はない!絶対に失敗するブログの運営方法とは?

最近、とある士業の方(相続をメイン業務としている)が毎日ツイートしている内容が非常に気になっています。 その内容が 「SEO対策専門家から『最低3か月間は、毎日1,000文字以上のブログ更新すること』という課題を与えられています ブ...
会社設立・商業登記

なぜ、会社設立やその他の会社の登記を行う必要があるのか?

このページでは、「会社の登記申請をなぜ行う必要があるのか?」をお話します。 会社設立を行う場合や、会社設立後に登記事項が変更になった場合、法律上2週間以内に管轄の法務局に対して登記申請を行う義務があり、それに違反すると100万円以下の...
マーケティング

俳優の役作りを応用したペルソナの設定方法とは?

私が司法書士として独立した時、色々な人から集客に関して「ペルソナを設定する事の重重要性」を散々聞かされました。 現代社会は情報が氾濫している。 →万人受けする情報発信は結局誰の目にも止まらない。 →それに、「何でもやります!」は結果と...
マーケティング

スモールビジネスでも必須!事業計画書を作成するメリットとは?

起業を行う際に行うべき事は色々あるのですが、その中の一つに「事業計画書の作成」があります。 ただ、事業計画書の作成って何だか難しい印象があるので、気軽に起業したい人にとっては足かせになる事もあります。 また、最近は「事業計画書なんて...
会社設立・商業登記

会社設立において「ワンストップサービス士業グループ」はあまり意味がない

会社設立の代行業者の広告を見ますと、まず「0円」と言った費用面が安い事をアピールしている広告が目立ちます。 その他で言えば、いわゆる「ワンストップサービス」をセールストークにしている業者も多く見受けられます。 この「ワンストップサー...
会社設立・商業登記

株式の譲渡制限を廃止して公開会社になる方法を解説します

会社設立を行う場合、必要に駆られないかぎり、株式に譲渡制限を設定する事がほとんどです。 しかし、会社の規模が多くなり、より多くの出資者を募りたい場合、株式に譲渡制限が付いている事が投資家にとってマイナスの要素のなる事があります。 そのよう...
会社設立・商業登記

公開社会社が株式に譲渡制限をつけて非公開会社になる手続きとは?

会社が発行する株式は自由に譲渡出来るのが原則ですが、会社の現状によっては株式の譲渡について、一定の規制をかけた方が良いケースが出てきます。 いわゆる公開会社が非公開社になる手続きですが、この手続きは登記申請も絡んできて、若干複雑です。...
ビジネスマインド・ビジネス一般

「会社設立おすすめ事務所〇社」と言うサイトを信用してはいけない理由

会社設立を司法書士に依頼したい場合、まずはインターネットでどのような司法書士事務所があるのか検索すると思います。 そのときに通常の司法書士事務所のサイトに混じって、「オススメ事務所ベスト〇社」なんてタイトルのサイトが表示される事があり...
タイトルとURLをコピーしました