今ままでのマーケティングの手法だけではもう通用しない理由

マーケティング・集客

こんにちは。司法書士の甲斐です。

バブル経済が崩壊し、失われた◯十年とか呼ばれるようになり、昔のように商品・サビースが「作れば売れる」時代ではなくなりました。

その為、各企業が戦略的に販売活動を行う「マーケティング」に注力するようになったのですが、時代の流れはそんな企業をあざ笑うかの様にものすごいスピードで加速し、先行きが不透明で将来の予測が困難な「VUCA(ブーカ)の時代に突入しています。

おそらくマーケティング担当者が一番VUCAを実感していると思います。「過去の前例が通用しない」「今までのマーケティング手法では物が売れなくなってきている」と。

その根本的な理由は何なのか?今回は今後のマーケティングについて考えるお話をしたいと思います。

1.なぜ、今までのマーケティング手法が通用しないのか?

簡単に言ってしまえば、昔と比べて人一人ひとりの価値観が個性的で多種多様になり、複雑になったからです。

2000年頃は理想的な、ある程度決まったライフスタイルがあり、基本的にその型にはまる事が成功であり幸せの秘訣でした。

ただし、その後のITバブルの崩壊、東日本大震災やコロナ禍を経て「仕事」に対する考え方が大きく変わりました。リモートワークや副業や複業と言った概念も出てきましたし。

また、多くのSNSがリリースされ人と人が容易に繋がる事ができるようになった結果、これまで

  • 30代のサラリーマンであればこう
  • 主婦であればこう
  • 学生であえばこう

と言ったある程度同じような価値観であったのが、より個性が重要視されるようになったのです。

一方、多くの企業のマーケティング部はSTPや3Cと言った従来の「分析」が主になっています。

確かに、市場や自社の強み、競合他社を分析したり消費者をセグメントするのは非常に重要なのですが、それはある意味「人はある程度同じ価値観で、同じ行動をする」といった前提に立ったモノです。

その為、様々な要因により人のライフスタイルが多種多様、よりその人らしい個性が重要になった現代社会では、この「人はある程度同じ」前提に立った分析によるマーケティング手法が通用しないのはある意味当然なのです。

2.マーケティングの「考え方」は今後も通用する

それではマーケティングがもう必要がないのか?と言うと、それは明らかに「No」と言えます。

確かに、「分析」による今までのマーケティング手法は通用しにくくなったかも知れませんが、その本質・考え方はまだまだ通用します。

ではマーケティングの本質とは何なのか?

マーケターや企業によって本質と思う事は様々だと思うのですが、僕は公益社団法人日本マーケティング協会がマーケティングの定義として謳っている「相互理解」だと思います。

マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

日本マーケティング協会の概要

相互理解、つまり、

・自社の事を知り
・顧客の事を知り
・自社の事を顧客に知ってもらう

と言う活動を通じ、顧客に新しい価値を提供する事です。

マーケティングと言うと、市場分析や広告・販促活動だ!と考える人がいるのですが、これらはあくまでマーケティングに含まれる要素の一つですが、本質的な部分ではありません。本質はあくまで「相互理解を通じて顧客に新しい価値を提供する事」です。

この本質はおそらくどのような未来になったとしても通用する概念となるはずです。だからこそ、これからもマーケティングは重要ですし、勉強する必要があるのです。

3.まとめ

少子化等、日本は様々な問題を抱えていますが、日本政府はその問題に対して未だ効果的な対策を考え・実行出来ていません。

その為、今後ますます混乱する未来が簡単に想像できますし、我々ビジネスパーソンはその混乱に備える必要があり、その対策の一つが「本質を捉えたマーケティング」なのです。

前例が通用しない、正解がない世界を生き抜くために、まずは本質を見抜く力を養いましょう。

【お気軽にお問い合わせ下さい】
集客と法律のお困りごとを解決します。提供中サービスはこちら(※ご相談はzoomで全国対応可)

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

熱き志を持つ起業家を法律とマーケティングで支援する司法書士。趣味はキックボクシングと朗読。

関連記事

特集記事

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

熱き志を持つ起業家を法律とマーケティングで支援する司法書士。趣味はキックボクシングと朗読。 (詳しい自己紹介は画像をクリック!)。

問題解決能力を高めませんか?

集客に困らない会社設立手続き

攻めと守りのコンサルティング

電子書籍販売中

人気の記事

  1. 1

    会社の登記の添付書類で押印が必要な場合と必要ではない場合

  2. 2

    【代表取締役社長の死亡】登記手続を司法書士が分かりやすく解説

  3. 3

    一人会社の場合はどうなる?取締役と会社の「利益相反取引」とは?

  4. 4

    法務局の登記相談は親切丁寧に教えてくれない当然の理由

  5. 5

    会社への貸付金を現物出資(DES)し資本金を増やす方法と登記

最近の記事

  1. 自分の会社に素人の投資家から投資をしてもらう時の注意点とは?

  2. 認知症の人の不動産を売却・購入するリスクとは?

  3. 遺留分対策(相続対策)で生命保険活用時の注意点

  4. 経済産業省が創設したスタートアップの法務支援を行う専門家チームとは?

  5. デジタル遺産(遺品)の相続対策のポイントとは?

TOP