ビジネスで重要なのは攻め(集客)と守り(法律)

僕は司法書士として数多くの会社設立やその他の登記申請に携わってきて、(当然ながら)様々な起業家や社長を見てきました。

さらに法的トラブルになった場合の、紛争相手方としての起業家や社長とも何人も接してきました。

このような起業家の「表と裏」両方の顔を観察していくと

「この人は起業家として成功しないよね・・・。」

なんて雰囲気を何となく感じるようになったんです(実際に起業に失敗し、回復不可能な損害を被った人を沢山見てきました)。

ビジネスに関する事を全て自分で完結することが出来る優秀な人であれば良いのですが、そうではない場合、誰かのアドバイスやサポートを受けてビジネスを行うのは当然でしょう。

ただ、世の中には星の数ほどの「コンサル」がいて、その考え方も質も千差万別です。

万が一「ヤバい」コンサルに出会ってしまった場合、あなたの起業家としての人生が断たれるかも知れません(僕もヤバいコンサルは沢山見てきました)。

そこで考えたんです。

司法書士として起業家や社長を沢山見てきた経験、そしてヤバいコンサルを沢山見てきた経験から、「社長にとって本当に価値がある・必要とされるコンサルティングを提供したい」と。

じゃあ

「起業家や会社経営にとって、本当に価値がある・必要とされるコンサルティングとは何なのか?」

と考えると、一つの結論に達するのです。それは

「ビジネスにとって重要なのは『攻め(集客)と守り(法律)』の両面を考える事である」と。

まずは集客がしっかりと出来ていなければ、ビジネスはすぐに破綻します。なので「集客=マーケテイング」をしっかりと行うのは当然ですね。

そして、「守り=法律」の事もしっかりと意識しなければ、どんなに集客を頑張っても顧客とのトラブルが絶えなければ、穴が空いたバケツに水を入れるようなもので、どんどん必要がないリソースが出て行きます。

また、ビジネスは誰かとの取引=法律行為なので、法律を意識しない人はそもそも起業家失格でしょう。

その為、攻め(集客)と法律(守り)に軸足を置いたコンサルティングを行っています。

実は僕は司法書士試験に合格する前、某企業でコンサルタントをしていたので、この辺りのアイディアは結構多くでてくるのですが、ただ、際限なく手を広げると収集が付かなくなってしまうので、まずは

・誰に(どのような事を悩んでいたり、願望を持っている人に?)
・どのような方法で?
・どのような未来に連れて行ってあげるのか?

と言ったビジネスコンセプトをハッキリとさせて、そこから攻め(集客)と守り(法律)の両面を考えていきましょう!と言うコンサルティングを行っているのです。

・思うように集客ができない。
・広告費がかかりすぎて、もっと効率よく集客したい。
・クレーマー気質の顧客ばかり来て困っている。
・ブログからの問い合わせが増えない。
・売上が全然安定しない。
・競合他社との差別化が上手く行っていない。
・何となく偶然でしか集客できていない。

とお悩みの方に、「ちゃんと戦略的に集客して、不足な事態に備えましょう」と言うサービスになっています。

コンサルティングの具体的な内容・流れ

まずは下記フォームよりコンサルの予約をお願いします。なお、コンサルはzoom等で行いますので全国対応可能です。

コンサルは既にビジネスプランが固まっていましたらそのプランに対するアドバイス、ビジネスプランが全く固まっていなければ、「どのようなビジネスを行えば良いか?」と言ったそもそも論からのアドバイスを行います。

このように「何も決まっていないところからでも行うコンサル」で、ファッとした堅苦しくない雰囲気でのコンサルになります。

ご自身のビジネスプラン(明確になっていなくてもOK)に対して、僕が司法書士として見てきた起業家の裏表の姿から、法律からマーケテイング、マインド論まで、起業に必要になってくる様々なお話をさせて頂きます。

※本コンサルは単発のコンサルティングです。単発コンサルを受けてみて「継続してコンサルティングを受けたい!」と思われた方は、単発コンサル終了後、サービスのご案内をさせて頂きます。

コンサルティングの費用

消費税込み5万5,000円です。目安は2時間程度ですが、時間を多少オーバーしても追加料金は発生しません。

なお、コンサルが終われば即終了!と言うわけではなく、1ヶ月間は無料でサポートしますので、何か分からない事がありましたらお気軽にご質問して頂いて大丈夫です。

ご相談・お問い合わせ方法

お電話もしくは下記フォームよりご連絡下さい(ご相談は全国対応可能です)

フォームからのお問い合わせは、原則2営業日以内に当事務所からご連絡致します。

※携帯メール(docomo.ne.jo等)はパソコンからのメールが受信出来ない可能性がありますので、メールアドレスは携帯メール以外をご利用下さい。

    ご希望のご連絡方法【必須】
    メール電話

    ご希望の面談方法【必須】
    当事務所zoom等

    メールアドレス 【必須】

    電話番号 【必須】

    お名前【必須】

    メッセージ本文【必須】 ※簡潔で構いません

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れて下さい。

    司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

    司法書士 甲斐智也

    起業家を支援するマーケターで司法書士。攻め(集客)と守り(法律)で起業家をサポートします。(詳しい自己紹介は名前をクリック!)。

    メルマガ

    集客に困らない会社設立手続き

    コンサルティング

    電子書籍販売中

    人気の記事

    1. 1

      代表取締役(社長)の死亡による登記手続きのやり方・ポイント

    2. 2

      会社の登記の添付書類で押印が必要な場合と必要ではない場合

    3. 3

      コンサルティング契約書の作成ポイントを司法書士が解説!(ひな型あり)

    4. 4

      会社への貸付金を現物出資(DES)し株式にする方法と登記(ひな形あり)

    5. 5

      一人会社の場合はどうなる?取締役と会社の「利益相反取引」とは?

    最近の記事

    1. 個人事業主が利用できる「商号登記」とは?

    2. 結局「善管注意義務」って何なのか?

    3. 結果を出すにはマインドセットを強制的に変えるのが手っ取り早い

    4. 「最悪な状況」を想定できる起業家ほど人生が豊かになる

    5. マーケティングとブランディングの違いや誤解とは?

    相続・家族信託専門サイト

    TOP