ブランディング思考の会社設立(半年間の無料法務顧問付き)

地に足がついたビジネスをしたいあなたへ。ブランディングを意識した会社設立で、大手企業と取引ができるようなレベルの会社を作りませんか?

当事務所の会社設立の内容・特徴

✔ 単なる手続きだけではなく、あなたのビジョンや理念等から会社名やコンセプトを一緒に考え、中身がしっかりとした、ブランディングを意識した会社設立を行います。
 
✔ 「最短1日で設立」「格安!業界最安値!!」等、テキトーで耳ざわりの良い言葉は一切使いません。本質を追求した会社設立を行います。
 
✔ 会社設立後、半年間に渡って法的な相談やその他集客やマーケティングに関する相談を、無料でかつ無制限で行う事が出来ます。
(※相談だけではなく、実際に手続きが発生した場合は別途費用がかかります。)
【LINEでもお気軽にご相談できます。下記ボタンから友だちになってお気軽にご質問下さい。】
※しつこい営業等は行いませんのでご安心下さい。

友だち追加

今、会社の設立は簡単にできる。けれど・・・。

法人口座の開設を銀行から断られてしまった・・・。

会社の登記事項証明書を見せたら、商談がストップされました・・・。

ネット上でウチが「アヤシイ会社」と書き込みされてる・・・。

・・・ウソみたいな話ですが、テキトーに会社を作ってしまった結果、本当にあったトラブルです。

確かに、会社設立freeeやマネーフォワード、会社設立自分でできるもん等と言ったサイトやツールを利用する事で、簡単に会社を作る事が出来ます。

でも、知っていましたか?

これらのツールは「入力した項目が法律上適切か否か?」は判断してくれません。

・商号(会社名)を決める際の注意点は?
・「アヤシイ会社」と思われない為の事業目的の作り方のポイントは?
・本店所在地を決める際の考慮すべき点は?等々・・・。

このような事を知識として体系的に理解している事が大前提なのです。

でも、そんな事勉強する暇なんてない!!

そのようにお考えの場合、
会社設立の専門家、町田・横浜FP司法書士事務所による
会社設立+αのサービスをご利用下さい。

当事務所に会社設立をご依頼されると・・・

 法律やマーケティングと言った多角的な視点から会社設立の相談ができる。
 経営者として本当にやるべき事に集中できる。
 会社設立の専門家が手続きを行うので、間違いのない会社を作る事ができる。
 他の専門家(士業等)もご紹介する事ができる。
 会社設立後、半年間に渡って無料で法的な相談を行う事ができる。

町田・横浜FP司法書士事務所
司法書士 甲斐 智也

福岡県北九州市出身

平成23年司法書士試験合格。その後、複数の事務所で不動産登記、商業登記、裁判実務を学び、平成27年に独立。主にフリーランスの方を対象に、ビジネスプランまで考える会社設立、法律+αをご提案する契約書のチェック、法務的なコンサルが得意。

会社設立の専門家が司法書士である理由

あらためましてこんにちは。司法書士の甲斐です。

会社は設立登記を行う事で成立します(会社法第49条)。

「会社設立」とはこの設立登記を行う一連の流れの事ですが、司法書士はまさこの登記制度を担い手であり、明治時代から現代までの長い間、会社に関する登記の専門家としての歴史があるのです。

会社設立の手続きの流れは主に

  • 定款作成やその他必要事項の決定
  • 定款の作成、公証人による認証
  • その他登記必要書類の作成、登記申請

となりますが、司法書士はこれらの手続きの全てを行う事が可能です。

「会社設立は司法書士じゃない?」なんて過激なキャッチコピーを打ち出している広告もありますが、会社設立は間違いなく司法書士の業務です。

会社設立後、半年間の無料法務顧問起業家の支援を行っている理由

その1 私自身が「起業したい」と考え、苦労した経験があるから

私は高校卒業後、役者を目指して上京し、結果として役者としては食べていけなかった経験があります。

その後、一般企業へ就職したのですが、その当時はバブル経済崩壊後の不景気の時代で、いわゆる「ブラック企業」が多い労働環境でした。

上司からのパワハラ・人格否定は当たり前で、そんな事を毎日毎日繰り返されると衝動的に「起業したい!」と思うようになりました。

さらに、丁度ホリエモンがライブドアで脚光を浴びていた時期です。

自分も「かくありたい」と思ってしまったんですね(笑)

しかし、役者しかやった事がない高卒の人間がいきなり「起業したい」と考えても、何をどうすれば良いかサッパリ分からず、時間だけを浪費したかなり苦い経験があります。

当時と比べて今は起業に関する情報が溢れかえっていて、SNSもありますので起業をしやすい環境と言えます。

しかし、起業家を騙そうとする怪しいコンサルタントが大量に発生し、ほとんど価値の無い商材を起業家に売りつけている現状があります。

このような偽コンサルに騙されずに、無駄な時間をかける事なくクライアントにしっかりと向き合ったビジネスを、あなたにやって頂きたいのです。

その2 起業家は自分の事は自分で守る必要があるから

会社設立、起業時に何より考えるべき事は、節税より売上です。

マーケティングをしっかりと行い売り上げを作るのは勿論、取引先との無用なトラブルを防止し、売り上げを失わない事も重要になってきます。

私は良く

取引先とトラブルになり、報酬を支払って貰えない!!

と言うご相談を受ける事があります。

そして、じっくりとお話をお伺いしていると、

・そもそも契約書を作成していない。
・取引先がどこの誰だか良く分かっていない。
・仕事の内容をしっかりと詰めていない。
・報酬金額が曖昧なまま、仕事を行っている。

等、法的なリスクがあるままで、取引先からの仕事を行っている事が非常に多くあります。

このような法的リスクを放置したままであれば、どんなに集客や節税を頑張っても、ハッキリ言って意味はありません。

報酬は入って来ない、取引先とのやり取りで疲弊する・・・。

これは正直、非常に勿体ない事です。

その為、しっかりと守りを固めスタートダッシュを切って頂くよう、半年間の無料法務顧問をご提供する事にしたのです。

その3 会社経営は専門家との繋がりが重要であるから

会社経営は常に様々な問題や危険に晒されています。

上でご紹介した法的トラブルもそうですし、売り上げを作るための集客活動もそうです。

人間が一人で出来る事は限界があり、「自分以外の専門家」を上手く活用する事が、会社経営を軌道にのせる需要なポイントとなります。

私自身も個人事業主であり事務所経営である為、自分以外の専門家にすぐに相談できる環境がどれだけ有難いかを十分に認識しています。

だからこそ、あなたにとっての「気軽に相談できる専門家」になりたいのです。

なお、法律的なご相談は勿論ですが、私自身マーケティングにも力を入れており、マーケティングの分野でも様々なお話が出来れば、と考えております。

まずはビジネスコンセプトを明確にしましょう

一般的な司法書士事務所の会社設立の場合、会社の基本的な内容をお客様に決めて頂き、その内容を元に定款を作成、公証人の認証を受け、その他登記申請に必要な書類を作成し、登記申請と言う流れになります。

当事務所の会社設立も基本的に同様の流れとなりますが、大きく異なる部分があります。

当事務所の会社設立では、お客様のビジネスのコンセプトもしっかりと考えた会社設立を行います。

会社と言うのは「箱」であり、重要なのはビジネスプランでありコンセプトです。

STP分析やビジネスのコンセプトは問題がないのか、と言った法律手続以外の部分についても、しっかりと目を向ける必要があります。

当事務所では、会社設立手続きだけではなく、「そもそもどのようなビジネスで稼ぐのか?」と言った部分にも着目致します。

✔「そもそも、誰にどのような価値を提供しようとお考えですか?」
✔「その為に具体的にどのような施策をお考えですか?」
✔「その目標を達成する為に、どのようなスケジュールをお考えですか?」

正直、会社は作るよりもその中身、どのような事業を展開するかが重要になってきます。

その中身がスッカラカンであれば、会社を作っても継続する事は出来ません。

当事務所の会社設立は設立手続きだけではなく、具体的なビジネスコンセプトにも目を向けています。

当事務所の会社設立の具体的なメニュー

【会社設立前】

  • 会社設立にあたり、必要な事項のヒアリング。
    (会社名、役員構成等)
  • ヒアリングの段階で問題が出てきた場合は、その対応策のご提示。
    (取締役・株主が複数いる場合の役員の任期や出資割合等)
  • 定款原案作成、公証人との打合せ、定款認証代理。
  • その他、登記申請に必要な書類の作成
  • 登記申請代理、完了時の登記事項証明書取得・チェック。

【会社設立後】法務顧問(半年間無料)

  • 契約書関連
    現在使用している契約書のチェック。危険・問題がある条項は無いか?問題があればどのように改善すれば良いかをご提案。
  • 取引企業との交渉過程チェック
    交渉方法や取引企業そのものに問題がないか?有るとすればどのような思考で取引相手と交渉を行えば良いかをアドバイス。
  • 情報発信関連
    SNSやブログ等、情報発信を行っている媒体について、法的に問題がないかをチェック。問題があった場合、改善策をご提示。
  • 報酬未払い等、取引先とのトラブルが発生した場合の
    アドバイス。・・・等々。

会社設立の流れ

  • Step1
    必要な事項のヒアリング
    どのような会社形態にされたいのか?(株式会社・合同会社等)、商号や本店所在地はどうするのか等、会社設立において必要な事項をヒアリング致します。
  • Step2
    定款の作成・認証(費用のお支払い)
    上記でヒアリングした事項を元に定款(案)を作成、ご依頼者様にチェックして頂きます。

    株式会社の場合、公証役場で定款の認証が必要になりますので、その手続きも行います(公証人との打合せや当日の定款認証の立会いは、全て司法書士が代理致します)。

    またこの際、定款認証に関する実費が発生しますので、下記の登録免許税等の実費を含めた全ての費用のお支払いをお願いします。

  • Step3
    出資金の払い込み・登記申請に必要な書類の作成
    定款の作成が完了しましたら、出資金の払い込みをお願いします。

    また、定款以外にも登記申請に必要な書類がありますので、上記のヒアリング事項を元に書類を作成致します。

    書類の作成が完了しましたら、ご依頼者様にチェックして頂き、それぞれの書類に押印をして頂きます。

  • Step4
    登記申請
    必要な書類が全て揃いましたら登記申請を行います。

    登記完了後(1~2週間ぐらい)、完了書類を指定の場所へ郵送致します。

  • Step5
    無料相談期間
    会社設立後、半年間に渡って法的な相談やその他の相談について、無料・無制限で行う事が出来ます。

    ※実際に何らかの手続きが必要な場合は、別途費用が発生します。

会社設立+αの費用

13万2,000円(消費税込)

※本ページからご依頼された場合の特別価格です。
※別途実費(定款認証代、登録免許税等)が発生します。トータルで35万円前後となります。

司法書士の会社設立の費用はだいたい10万円ぐらいですので、これに約3万円を追加しただけで半年間の無料法務顧問が付いてくるのは、大変お得であると自身を持って言えます。

あなたに3つのお約束

 万が一間違った登記が完了した場合、実費も含めて全て無料で対応します。
 法人成りをしない方が良い場合、正直にお伝えします。
 ご相談のみで終わった場合でも、しつこい営業は行いません。

【LINEでもお気軽にご相談できます。下記ボタンから友だちになってお気軽にご質問下さい。】
※しつこい営業等は行いませんのでご安心下さい。

友だち追加

さいごに

当サイトをご覧頂き、ありがとうございます。

ここまで読まれたあなたは、会社設立を真剣に考えていると思います。

そして、色々な「会社設立代行業者」のサイトをご覧になられたでしょう。

ところで、なぜ

「会社設立代行0円」「地域最安値」「最短1日で設立可能」

と言った謳い文句を強調している業者が多いのか分かりますか?

その理由、マーケティング的に考えると「耳ざわりが良く注目される言葉」だからです。

商品を買ったりサービスを受ける場合、誰だって安い方が良いですよね?

期間も短い方が良いですよね?

だから、多くの人の注目を集める為に「耳ざわりが良い言葉」を使うのです。

でも、あなたもこれからビジネスを行うのであれば分かると思いますが、値段が安いければ低品質を招きます。

会社設立のような法的な手続きで低品質であれば、取り返しがつかないミスが起きる事もあるでしょう。

「1日で会社設立」は理論上は可能です。

しかし、上記でご紹介した会社設立の手続きの流れを1日で行うのは事実上困難です。

焦って行えば事故が起きる可能性もあるでしょう。

このように、「設立代行0円」「最短1日設立」は結構ムチャな話なんです。

それなのに、そのムチャな話を広告のキャッチコピーにするのって、大変不誠実な事だと思いませんか?

ハッキリいいます。

私はこのような「耳ざわりが良い言葉」で煽る手法は大嫌いです。

そして、これからビジネスを行うあなたにも、このような不誠実な態度になってほしくないと考えます。

ビジネスはクライアントに最高の価値を提供し、その結果として対価を得るもの。

これがビジネスの本質です。

「耳ざわりが良い言葉」で塗り固めるのではなく、クライアントとしっかり向き合うあなたのビジネスを全力でサポートする事を、私はお約束します。

司法書士 甲斐 智也

 

ご相談・お問い合わせ方法(全国対応

下記フォームよりご連絡下さい。

原則2営業日以内に当事務所からご連絡致します。

※携帯メール(docomo.ne.jo等)はパソコンからのメールが受信出来ない可能性がありますので、メールアドレスは携帯メール以外をご利用下さい。

    ご希望のご連絡方法【必須】
    メール電話

    ご希望の面談方法【必須】
    当事務所zoom等

    メールアドレス 【必須】

    電話番号 【必須】

    お名前【必須】

    メッセージ本文【必須】 ※簡潔で構いません

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れて下さい。

    【LINEでもお気軽にご相談できます。下記ボタンから友だちになってお気軽にご質問下さい。】
    ※しつこい営業等は行いませんのでご安心下さい。

    友だち追加

    「会社設立を依頼しょうか決めかねている」
    「もっと情報を収集したい」
    と思われている方は以下のページをご覧下さい。

    ブランディングを意識した会社設立。当事務所の面談風景を再現してみました
    「会社設立を司法書士に依頼したいけれど、どんな感じで面談が進むのか分からない。知らない人だし、難しい専門用語を連発され、高圧的に話をされたらどうしよう。」人は知らない人と話すと怖いし緊張もするもの。まして相手が司法書士と言った「...
    司法書士×マーケテイング思考ブログ【起業支援・会社設立サポート・法務コンサルティング】

    【町田・横浜FP司法書士事務所】

    東京都町田市森野二丁目1番8号 FDビル2階
    TEL:042-732-3258

    タイトルとURLをコピーしました