販売代理店契約とは?契約の注意点等を解説します

契約書

こんにちは。司法書士の甲斐です。

起業や副業を行う場合、その方法は千差万別ありますが、今回はその内の一つ「販売代理店」に関するお話です。

僕自身、色々な方と名刺交換をさせて頂くのですが、どこかのメーカーの販売代理店の方も多く、起業を行う上でオーソドックスな方法の一つであると言う認識があります。

ただその一方、販売代理店契約について深く考えず契約を行った結果、トラブルに巻き込まれている方も見受けられます。

販売代理店契約も「契約」であり、しっかりと法律が絡んでくる取り引きです。

後から「こんなはずじゃなかった」と後悔しないよう、しっかりとポイントは押さえるようにしましょう。

1.販売代理店契約とは?

企業が自社商品を販売する場合、自社の従業員に営業をかけて顧客を取得する方法と、他社に営業活動を行わせる方法があります。

販売代理店契約とはこの「他社に営業活動を行わせる方法」を選択した場合に、その他社と締結する契約のことです。

ただ一言で販売代理店契約と言ってもその具体的な内容は様々あり、例えば販売代理店である他社が委託元企業(自社)から商品を購入し、直接商品を販売する方法もありますし、代理店側はあくまで顧客を委託元企業に取次ぎ、実際の販売契約は委託元企業と顧客で締結する、と言う方法があります。

その為、まずは大前提として

  • 「どのような販売活動を行うのか?」
  • 「委託元企業に支払うべき費用は何があるのか?」

を明確にすべきでしょう。

2.販売代理店契約の注意すべき具体的なポイント

① 委託する業務の内容

上記でもお話しましたが、販売代理店側がどのような事を委託されるのか?と言った内容です。

委託される業務が守られるべき契約の内容となるため、どのような内容の業務を委託されたのかが具体的でなければ販売代理店側が契約を遵守したのかどうか分からず、トラブルの原因となります。

その為、委託する業務の内容は出来る限り明確にする必要があるでしょう。

② 業務の遂行に関するルール

例えば顧客とのトラブルが発生した場合にどうするのか?を定めた項目です。

委託元企業と販売代理店がどのような責任を負うのか?基本的に販売代理店が対応するとしても商品に問題があった場合はどうするのか?

と言ったルールを事前に話し合って決めます。

③ 手数料・費用

委託元企業が販売代理店に支払う手数料(その算出方法)や支払い時期を明確に定めます。

また、販売代理店が委託元企業に何らかの費用を支払う必要がある場合も、その金額や支払時期等について定める必要があるでしょう。

④ 代理店側の義務・禁止事項

例えば委託元企業が主催する研修に参加する等、販売活動を行う上での販売代理店の義務や禁止事項を定めた項目です。

契約上の義務なので、販売代理店は当然ながら契約内容を守る必要があります。

⑤ 販売活動のサポート

上記の販売代理店の義務・禁止事項とは逆で、委託元企業が販売代理店に対してどのようなサポートを行うのか?を定めた項目です。

実際に販売活動を行う販売代理店としては、手厚いサポートを受ける事は売上にもつながります。

ここも要チェックの項目でしょう。

⑥ 再委託の禁止

販売代理店契約は当事者の信頼関係を重視する関係上、販売代理店がさらに他の代理店に委託する事を禁止しているケースがあります。

この再委託に関することも見落とさないようチェックしましょう。

⑦ 中途解約・契約終了後の措置

販売代理店契約は基本的に数年単位と言った長い期間当事者を拘束する契約ですが、仮に契約を途中で解除した場合のルールを定めたのがこの項目です。

また、中途解約、契約期間満了含め、契約終了後に当事者がどのような事を行うのかも忘れずにチェックするようにしましょう

3.まとめ

販売代理店契約は起業をしたい側からすると、委託元企業からのサポートを受けられる事があり、何もないゼロの状態から起業するのと比べてメリットがあります。

その一方、契約内容によっては委託元企業からがんじがらめの制約を受け、起業のメリットをほとんど受けないケースもあります。

特に業務の内容、費用、契約当事者にどんな権利があってどんな義務があるのか?と言う点はトラブルになりがちな部分です。

どのような取り引きでもそうですが、契約の内容はしっかりと確認するようにしましょう。

【お気軽にお問い合わせ下さい】
集客と法律のお困りごとを解決します。提供中サービスはこちら(※ご相談はzoomで全国対応可)

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

熱き志を持つ起業家を法律とマーケティングで支援する司法書士。趣味はキックボクシングと朗読。

関連記事

特集記事

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

熱き志を持つ起業家を法律とマーケティングで支援する司法書士。趣味はキックボクシングと朗読。 (詳しい自己紹介は画像をクリック!)。

問題解決能力を高めませんか?

集客に困らない会社設立手続き

攻めと守りのコンサルティング

電子書籍販売中

人気の記事

  1. 1

    会社の登記の添付書類で押印が必要な場合と必要ではない場合

  2. 2

    代表取締役(社長)の死亡による登記手続をプロが分かりやすく解説!

  3. 3

    一人会社の場合はどうなる?取締役と会社の「利益相反取引」とは?

  4. 4

    会社への貸付金を現物出資(DES)し資本金を増やす方法と登記

  5. 5

    水を1万円で売る?商品・サービスの価値の作り方とは?

最近の記事

  1. 日本人が海外に渡航中に死亡した場合の注意点

  2. 論理的思考・デザイン思考・アート思考の違い

  3. これからの起業にパーソナル・ブランディングが必要な理由

  4. 営業経験があった方が起業に有利なのか?

  5. 今こそ「事業の再定義」が必要な理由

相続・家族信託専門サイト

TOP