合同会社の(代表)社員が死亡した場合の登記手続きの注意点

会社設立・商業登記

こんにちは。司法書士の甲斐です。

以前、株式会社の代表取締役が死亡した場合の登記手続きについて解説しましたが、今回はその合同会社バージョンのお話をします。

自分でやる方必見!代表取締役(社長)が死亡した場合の登記手続き
相続が発生した場合、様々な手続きが必要になりますが、故人が会社の社長(代表取締役)であった場合、独特な相続手続きがあります。それが今回ご紹介する、役員変更登記(商業登記)の手続きです。概略を先にお話しますと、社長が死亡した場合は...

株式会社と比較して簡易な手続きがウリな為、法務局での合同会社の設立件数は増えてきていますが、株式会社との違いについてはしっかりと抑える必要があります。

今回のテーマである「(代表)社員」が亡くなった場合の相続のお話も株式会社とは手続きが違いますので、このページでしっかりと理解するようにしましょう。

ここで言う「社員」とは合同会社の構成員のことで、一般的に使われる用語である「従業員」とは異なります。株式会社で言う「株主」に違い意味だと思って下さい。

1.合同会社の(代表)社員が亡くなった場合の原則

実は会社法上のルールとして、合同会社の社員が死亡しても、相続人はその地位を相続する事が出来ないのです(会社法第607条)。

(法定退社)
第六百七条 社員は、前条、第六百九条第一項、第六百四十二条第二項及び第八百四十五条の場合のほか、次に掲げる事由によって退社する。

一 定款で定めた事由の発生
二 総社員の同意
三 死亡
四 合併(合併により当該法人である社員が消滅する場合に限る。)
(以下、省略)

「退社」つまり、その合同会社の社員としての資格が消滅する事を言います。

そして、唯一の社員が死亡する(退社する)と、社員が一人もいなくなり、そうなってしまった合同会社は、会社法のルールで解散してしまうことになってしまいます。

一方、亡くなった社員の相続人ができる事と言えば、出資持分の払戻しを請求する権利を取得するだけとなります。

これが会社法上の原則的なルールなので、例えば父親の合同会社を引き続きたい子供がいた場合は困った事になってしまいますね。

2.例外。定款で別のルールを決めておこう

実は上記の原則論は、定款で別のルールを決める事ができます。「社員が死亡しても退社した事にはならず、相続人が社員になる事ができる」的な別のルールですね。

具体的にはこんな感じです。

(社員の相続及び合併)
第●条 社員が死亡し又は合併により消滅した場合には、当該社員の相続人その他の一般承継人は、当該社員の持分を承継して社員となることができる。

上記の場合、亡くなった社員の持分については株式会社の株式の相続と同様に、他に相続人がいた場合、相続人全員が社員の地位を相続する事になります。

その為、社員の死亡と同時に社員の地位を相続する人を決めておきたい場合、遺言で持分を相続する者を決めておく対策を取った方が良いでしょう。

3.(代表)社員が亡くなった場合の登記手続きの注意点

合同会社の社員が亡くなった場合、その社員の退社の登記申請と、(定款の規定がある場合は)相続人を社員として加入させる登記申請が必要になります。

ここでの注意点は、

  • 相続人が複数いる場合で、
  • 相続人全員による「社員を相続する者」を決めた遺産分割協議書を添付しても
  • 登記申請は受理されない。

と言う(先例があると言う)点です。
(昭和34年1月14日民甲第2723号民事局長回答)
(昭和36年8月14日民甲第2016号民事局長回答)
(昭和38年5月14日民甲第1357号民事局長回答)

相続人が複数いる場合、相続人は相続開始と同時にその相続分に応じて亡くなった社員の地位を相続します。

この場合、亡くなった社員の地位は権利義務を包括したものであって、社員となった事によって生じた債務は分割する事はできません。

その為、遺産分割協議によって相続人の一人に亡くなった社員の地位を相続させるとしても、その協議は効力がないと解されています。

その為、登記手続きとしては、

  • 亡くなった社員の死亡による退任の登記
  • 共同相続人全員による、社員としての加入の登記
  • 社員としての地位を欲しない相続人の退社の登記

を行う必要があります。

ただし、最近は法改正が頻繁に行われていますので、実際にこれらの登記を行う場合は、必ず司法書士に相談するようにして下さい。

4.まとめ

簡単に(代表)社員が亡くなった場合の手続きをお話しましたが、株式会社の場合とは異なり、非常にややこしくなっている、と言うのが印象ではないでしょうか?

今回の登記手続きについては法務省のホームページにもひな形は掲載されていない、難しい登記の部類ですので、お困り・お悩みの場合はお気軽に司法書士にご相談するようにしましょう。

その他登記手続き(役員変更・株式発行・不動産登記等)
会社設立以外にも、様々な場面で登記申請が必要になってきます。会社は設立したらゴールではなく、設立以降が本番になります。そして事業活動を行っていると、最初に登記した内容について変更する必要が生じる事があります。例えば、・取締役の任...
この記事の執筆者(文責)
司法書士 甲斐智也

起業支援と商品・サービスのコンサル化のお手伝いもする司法書士|マーケティング思考でコンセプトをしっかりと考えた会社設立します|2級FP技能士|たまに心理カウンセラー|某球団マスコットの中の人の経験あり

SNSをフォローする
【起業や会社設立等に関するコンサルティング】
【起業のご相談はお任せ下さい。国家資格者である司法書士がしっかり対応致します】当事務所では起業や会社設立、その他コンサルティングに関するご相談を随時行っております。ご相談はzoomでのご対応が可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
会社設立・商業登記
SNSをフォローする
司法書士×起業・マーケティング思考ブログ