会社設立・商業登記

会社設立・商業登記

合同会社の(代表)社員が死亡した場合の登記手続きの注意点

以前、株式会社の代表取締役が死亡した場合の登記手続きについて解説しましたが、今回はその合同会社バージョンのお話をします。 株式会社と比較して簡易な手続きがウリな為、法務局での合同会社の設立件数は増えてきていますが、株式会社との違い...
会社設立・商業登記

資本金の払い込みをネットバンキングで行った場合(通帳がない場合)

会社設立時の添付書類として「資本金の払い込みがあったことを証明する書面」が必要になってきます。 通常は通帳を利用してこの書面を作成するのですが、最近はメガバンクでも通帳を発行しない場合があり、さらにネット銀行ではそもそも通帳が存在せず...
会社設立・商業登記

暗号資産(仮想通貨)を出資して会社設立を行う場合の注意点

会社を設立する際、出資金の払い込みをする必要があるのですが、実はお金以外の物も出資の対象とする事ができます。 例えば車やパソコンと言った「物」や貸付金と言った「債権」でも出資の対象とする事ができます。 また、最近活発的に取り引きがさ...
会社設立・商業登記

取締役2名の会社で、代表取締役が辞任した場合の登記手続き

今回は、 取締役が2名の株式会社で代表取締役が1名だけ その代表取締役が辞任した場合(完全に会社を辞めた場合) の登記手続きについてのお話です。 会社は1人でスタートする必要はなく、気の合う仲間と一緒に会社を作ることは可能...
会社設立・商業登記

代表取締役の住所変更登記を行う場合の手続き

会社の登記はその変更の原因が発生したときから2週間以内に変更の登記申請を行う必要があります。 そして今回のテーマである「代表取締役の住所」についても登記事項である為、引っ越し等で変更した場合、住所変更の登記申請を行う必要があります。 ...
会社設立・商業登記

自分で登記をする際にこれだけは絶対に知って欲しいこと

不動産であれ、会社の登記であれ、本人が登記申請を行うのが原則です(代理人を通して手続きしなくてはいけない、なんてルールはありませんので)。 実際にこのブログをご覧になられている方の中にも「自分で登記をした」と言う方が沢山いらっしゃるで...
会社設立・商業登記

株式会社と一般社団法人の違いとは?

今回は起業する上で一般社団法人を設立しようどうか、悩まれている方向けの記事です。 「法人成り」における法人は、株式会社と合同会社がほとんどを占めますが、実は法人は他にもあります。 それが今回ご紹介する「一般社団法人」で、一般社団法人...
会社設立・商業登記

株式会社と合同会社、結局どっちが良いのか?

今回は「株式会社と合同会社」に関するお話です。 会社を設立して起業したい人から良く、「起業時に会社設立をする場合、株式会社と合同会社のどちらが良いのですか?」 と質問される事があるんですね。 会社設立をしようとする方は、事前に勉強...
会社設立・商業登記

吸収合併の手続きと登記を解説(契約書、議事録等、ひな形あり)

会社の合併はM&Aでも良く利用されている組織再編手続きの一つですが、会社法上の様々なルールやスケジュールを守る必要があり、さらに登記も絡んでくる複雑な手続きです。 このページは合併の中の一つ「吸収合併」の基本的な内容、手続きの流れや登...
会社設立・商業登記

税制適格ストック・オプションとは?要件と発行手続きを解説します

会社の役員や従業員の士気を高めることを目的とした新株予約権(ストック・オプション)ですが、税務上の優遇措置が設けられているストック・オプションがあるをご存じでしょうか? それが今回お話する「税制適格ストック・オプション」です。 税制...
会社設立・商業登記

一般社団法人の基本知識と設立の全手順【司法書士が解説!】

起業家が法人を作りたい場合、株式会社や合同会社がすぐに思いつくと思いますが、実は法人はこれだけではありません。 「一般社団法人」と言う法人の形態があり、法務局では株式会社、合同会社に続く設立件数があります。 ただ、一般社団法人ってそ...
会社設立・商業登記

会社の登記申請もOK。登記所(法務局)が発行する商業登記電子証明書とは?

最近はコロナ禍の影響もあり、書面の電子化が進んでおり、契約書関係も電子化し、クラウドサイン等を提供する事業者が増えてきました。 また、行政手続き等もオンライン化が進んでおり、電子署名、電子証明書を活用する機会が今後ますます増えてくるで...
会社設立・商業登記

不動産の相続税対策で株式会社やその他の法人を設立する場合の注意点

ある程度の年齢の方である程度の資産がある場合、将来的な悩みとして相続税の事が挙げられるでしょう。 特にアパート等の投資用物件を所有している場合、「一体いくら相続税がかかるのか?」と不安になっても不思議ではないでしょう(相続税における不...
会社設立・商業登記

債権譲渡登記の基本について

登記の代表格と言えば不動産登記と会社の登記ですが、実は「債権譲渡登記」と言う制度も存在します。 不動産や会社の登記と比較してマイナーなのですが、それでも資金調達の方法の一つとして、年間の登記申請件数は増えています。 今回はその債権譲...
会社設立・商業登記

株式の無償割当てと登記申請手続きについて

株式を発行する目的は出資を募る事にありますが、実は出資を受けなくても株式を発行する手続きが会社法上存在します。 それが今回お話する「株式無償割当て」です。 株主に対する利益還元であったり、株式の流動性の確保が株式無償割当ての目的なの...
会社設立・商業登記

会社の登記の添付書類で押印が必要な場合と必要ではない場合

昨今のコロナ禍の影響により、テレワークの積極的推奨が行われていますが、その妨げの一つになっているのが「印鑑の押印」です。 テレワークを行っているにも関わらず「上司のハンコを貰うため」だけに出社すると言った笑い話もありますが、脱印鑑の流...
会社設立・商業登記

資本金の額の減少(減資)の手続きと登記申請

最近、減資を行っている大企業が多いとニュースになっています。 減資(資本金の額の減少)を行う事で様々なメリットがあるのですが、減資は会社法に定められた手続きですので、そのルールに則る必要があります。 また、資本金は登記事項ですの...
会社設立・商業登記

取締役の任期に関する基本的な知識(任期の計算方法と権利義務取締役)

株主会社で重要な登記の一つに、取締役等の就任その他の変更登記があります。 取締役の任期は最長で10年(株式の譲渡について制限がついている会社:非公開会社)にする事が可能なのですが、一方で最後の登記から12年間何も登記がされないと「解散...
会社設立・商業登記

会社に対する貸付金を現物出資(DES)する方法と登記(ひな形あり)

最近、会社の登記絡みで「DES(デス)」のご依頼が増えてきています。 中小企業の社長がご自分で調べたり、顧問税理士から「DESと言う方法がある」と助言を受けたり。 DESを行うきっかけは様々あり、手続きのメリットも沢山あります(デメ...
会社設立・商業登記

新株予約権(ストック・オプション)の発行手続と登記(議事録ひな形あり)

今回は、新株予約権(ストック・オプション)の発行方法と登記に関するお話です。 株式会社は文字通り「株式」を発行し資金調達をする事ができる会社の形態ですが、実は株式とは別の「ある物」も発行する事が出来ます。 そのある物とは、そう、「新...
タイトルとURLをコピーしました