個人ビジネス(スモールビジネス)でこれから集客する為のブログ戦略

ブログ・SNS・SEO

こんにちは。司法書士の甲斐です。

起業を行う上での集客の為のツールとして、SNSやブログと言ったWeb関連のツールは、今は無視は出来ないモノの一つとなっています。

僕自身、リアルでの営業活動も行っていますが、SNSやブログによる情報発信は特に力をいれています。

特にブログは僕自身の専門性を伝えるツールとして優れており、少し前までは法律手続きに関する情報について専門用語を排除して分かりやすく解説するだけで、検索順位で上位をキープする事ができました。

が、最近はGoogleのアップデートの改悪等、様々な要因が絡み合って、狙ったキーワードで上位表示をさせるのは非常に難しくなっています。

であれば、ブログを捨てて他のツールを利用すべきか?と言う話しになるかも知れませんが、諦めるのは少し早いでしょう。その打開策としての戦略はちゃんとあるからです。

僕も含めた個人ビジネス(スモールビジネス)におけるブログ戦略論、そのキーワードは「オピニオン」です。

1.ノウハウ・手続き系を解説したブログは大手に勝てない

僕は司法書士ですので、登記やその他法律手続きに関する記事を良く書いています。ユーザー目線で分かりやすく書いている事について、どの司法書士より自信があります。

ただ、最近は「手続きを分かりやすく解説する」趣旨のページであれば、大手事務所がリソースをガンガン使ってブログを投下しているので、SEO対策やアクセス数においては大手事務所に負けてしまいます。

まぁ、当然と言えば当然ですね。こちらは個人ですし、大手事務所は人材もお金もある。リソースで対抗しても勝てるわけがありませんので。

で、この状況は何も司法書士のような士業だけではなく、全ての業界にも当てはまってくると思うんです。

Webサイト制作者や動画編集者、物販関係etc。

これらの大手企業に対して、「ノウハウや手続きを分かりやすく解説するだけのブログ」だけでまともにぶつかっては負けて当然。

ではどうすれば良いのか?セオリーは「大手企業が出来ない事をやる」ですが、それがノウハウ・手続きを分かりやすく解説しつつ、人間性・人間臭さを前面に押し出した「オピニオン記事」を書く事なんです。

2.個人ビジネスのブログは「オピニオン」を中心に

大手企業のブログは豊富な人材を使って書かれているのですが、大きな弱点があります。それは書き手個人のキャラクターは反映させる事ができず、あくまで企業の方針を遵守していると言う点。

当たり前ですよね。企業として情報発信しているのですから、書き手の人間性や価値観が全面に出てしまいますと、企業の方針との整合性が取れなくなってしまいますから。

ただ、ノウハウ・手続き系について分かりやすく解説するだけでは、どうしても無味乾燥としたモノになってしまうんです。ここに大手企業のブログの限界があります。

だからこそ、我々のような個人ビジネスはこの部分に着目し、ノウハウ・手続きを分かりやすく解説するのはもちろん、自分の意見、つまり自分の価値観や人間性が全面に出たブログ、「オピニオン的な記事」を作成する事で、大手企業のブログとは大きく差別化をする事ができるのです。

例えばとあるノウハウについて自分の具体的な失敗談やそこから学んだ価値を入れると言った事をすると、途端にその記事は人間味が出るようになり、読み物として俄然面白くなります。

難しいノウハウ・手続きを分かりやすく解説できる。かつあなた自身の人間性や価値観を伝える事で、あなたの専門家としての権威性も伝える事ができます。まさに一石二鳥ですね。

3.まとめ

オピニオン記事を書く上で注意点が一つ。それは当然ながら「独りよがりにならない」と言う事です。

どんなに自分の価値観や人間性を全面的に打ち出したとしても、それが他人の心に全く刺さらなかったり、お客さんにしたくない人ばかりが集まっては意味がありません。

オピニオン記事を書くとしても、「マーケテイング思考」は絶対必須なのです。

【お気軽にお問い合わせ下さい】

集客と法律のお困りごとを解決します。提供中サービスはこちら(※ご相談はzoomで全国対応可)

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

マーケティングも相談できる司法書士。ビジネスで重要な攻め(集客)と守り(法律)で起業家をサポートします。(詳しい自己紹介は画像をクリック!)。

関連記事

特集記事

司法書士 甲斐智也司法書士 甲斐智也

司法書士 甲斐智也

起業家を支援するマーケターで司法書士。ビジネスで重要な攻め(集客)と守り(法律)で起業家をサポートします。(詳しい自己紹介は画像をクリック!)。

問題解決能力を高めませんか?

集客に困らない会社設立手続き

攻めと守りのコンサルティング

電子書籍販売中

人気の記事

  1. 1

    会社の登記の添付書類で押印が必要な場合と必要ではない場合

  2. 2

    代表取締役(社長)の死亡による登記手続きの注意点

  3. 3

    一人会社の場合はどうなる?取締役と会社の「利益相反取引」とは?

  4. 4

    コンサルティング契約書の作成ポイントを司法書士が解説!(ひな形あり)

  5. 5

    水を1万円で売る?商品・サービスの価値の作り方とは?

最近の記事

  1. ECサイト運営者は要注意!特商法改正のポイントを解説します

  2. 集客をTwitterやInstagram等のSNSだけに頼ってはいけない理由

  3. 悪質・詐欺的なSNS集客コンサル、情報商材屋の相談が増えています

  4. コンサル契約で「いかなる理由でも返金しない」条項があったら要注意!

  5. ビジネスで失敗しない為に、会社設立を行うときに真剣に考えるべき事

相続・家族信託専門サイト

TOP