2020-09

会社設立・商業登記

会社を作ってから10年たったら要注意。みなし解散(休眠会社)とは?

会社を作った当初、多くの方が役員の任期を「10年」にしていると思います。 つまり、会社を作って10年後には就任(重任)による役員の変更登記を行う必要があるのですが、この変更登記を行わなかった場合どうなるのか?と言うのが今回のお話です。...
集客

起業当初に安さを売りにすれば、即ビジネスが詰んでしまう理由

起業した場合、悩み事の一つに「どうやって自分の商品・サービスを売っていくか?」という点があります。 情報過多な現代、目に見えるブルーオーシャンは中々存在しないので、どうしても競合他社との競争を意識する必要があるでしょう。 その時に起...
会社設立・商業登記

株式会社の役員変更の登記申請の方法を、司法書士が分かりやすく解説します

株式会社の役員(取締役・監査役・会計参与)には任期があります(最長10年)。 その任期が満了し、同じ人物が引き続き役員を務める場合(重任)、会社法上の選任手続きを行い、役員変更の登記が必要になってきます。 また、役員の変更登記は任期...
コンサルティング

「本物」のコンサルタントになるにはどうすれば良いのか?

世の中には自分で解決する事が出来ない問題が山ほどあり、私達を悩ましていますが、その問題の解決方法を考えてくれる心強い味方がコンサルタントです。 コンサルタントと言えば真っ先に思いつくのが「経営コンサルタント」かも知れませんが、現代は経...
会社設立・商業登記

会社設立の手続きを税理士・行政書士に依頼するのがダメな理由

「会社設立」でインターネット検索すると、「会社設立代行します」と言う謳い文句の税理士・行政書士のホームページが沢山出てきます。 でも、会社設立を税理士・行政書士に依頼してはダメです。 「食えない司法書士が仕事を奪われているから、テキ...
法律知識一般

フリーランスとして独立する時に意識すべき法律とは?

世の中には沢山の法律があり、個人事業主・フリーランスにとっても無視する事が出来ない法律があります。 特にフリーランスは不安定・弱い立場であり、法律知識で武装しなければ、取引相手と簡単にトラブルになってしまいます。 しかし、全ての法律...
心理学・コミュニケーション

日本語が読めない人は、「解釈する力」が足りない

「日本人の3分の1は日本語が読めない!?」なんてニュースが何年か前に話題になりました。 要するに、文章が言わんとしている意図が分からない人がいると言う内容で、詳細は下記の本に載っていますので、ご興味ある方はご覧になってみて下さい。 ...
会社設立・商業登記

会社設立のプロである司法書士が、株式会社の作り方を解説します

昨今、起業をする人が増え、会社設立に必要な書類をインターネット上で作成する事が出来るサービスを行っている会社も増えており、形式上「誰でも簡単に」会社設立が出来るようになっています。 ただし、本当の意味で法律上・経営上問題が無い会社を設...
心理学・コミュニケーション

高飛車・高圧的な態度の人に対する対応方法

あなたのまわりに、高飛車・高圧的な態度で自慢ばかりしてくる人はいませんか? 自分がいかに素晴らしく正しい人間であるか、他人がいかに間違っているのかを永遠と語りだす人、あなたの身の回りに一人や二人必ずいるはずです。 通常の生活では、こ...
心理学・コミュニケーション

ビジネスの話し合いが上手くいく秘訣。交流分析を用いたコミュニケーション

個人事業主であっても、ビジネスは一人では完結せず、クライアントを含め様々な人とコミュニケーションを行う必要があります。 このコミュニケーション、言葉すると非常に簡単ですが、実際はコミュニケーションが上手くいかず、人間関係のトラブルに発...
会社設立・商業登記

「会社設立が自分で出来るサイト」を使用する際のポイントをお話します

個人事業主が法人成りを考える際、会社の設立登記を行う必要があります。 この設立登記と言えば原則として司法書士の独占業務なのですが、昨今はインターネット上で定款や設立登記に必要な書類を作成する事が出来るサイトが多々あります。 ユーザー...
集客

クライアントにしてはいけない人5選

すみません、ユーチューバーが良くやっているネタですが(笑)、クライアントにしてはいけない人のお話をしたいと思います。 これは私自身も非常に苦労した事で、 「世の中にはそんなに悪い人はいないだろう。話せば分かってくれる。損して得を取れ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました